人生変えるためのバイク免許(その3)

教習所でバイクの免許を取る場合、ヘルメットやプロクターは用意されており、手袋も軍手が支給されるので、身に着けるものの用意は長袖長ズボンにスニーカーなどの靴で済みますが、私はすでに持っているものもあったのでそれなりの準備をしました。何より他人が使ったヘルメットなどでは衛生的に?マークですし、気分も盛り上がらないでしょう。

ヘルメット
・アライ HRイノベーション(量販店で2万5000円程度)
去年の二輪のJAIA試乗会のために新調。このヘルメットはアライのWebのラインナップには載っていないものですが、安全性に代表される基本性能は当然アライ基準で、タイヤで例えるならタイヤメーカーの正規ショップに置かれる信用ある廉価版といった位置づけのヘルメットです。

グローブ
・量販店プライベートブランド(2000円)
去年の二輪のJAIA試乗会の際に購入、指の動かしやすさと値段との折り合いで選択

ジャケット
・むらば君のお下がり(RSタイチ)
去年の二輪のJAIA試乗会の際にもらいました。ポケットが多くいろいろ入り、肩と肘はパッドが入っているのでプロテクター入りと認められました。


・エルフシンテーゼ14(アマゾンで1万3000円)
普通のブーツっぽい靴でやろうと思っていましたが、両ブレーンから「イザという時のためにアキレス腱が隠れるハイカットを」、「普通の靴はギアチェンジで左側が極端にボロくなる」という進言があり、お買い上げ。銘柄は10代の時にバイクとは全く関係なく安かったので買ったエルフのバイク用の靴が、ギアチェンジのために紐の部分にカバーしてあるのに感銘を受けたことがあり、エルフに決定(もっともフランスで作っている訳でもありませんが)。値段と靴の高さとの折り合いなどで、この商品を選びました。


もちろんバイク通の方からすれば多々問題や物足りないところがあるでしょうが、バイクド素人にしてまずまずちゃんとした準備をしたかと思っています。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ