ハーレー XL883R

いわゆる「パパサンアール」である。ハーレーのエンジンラインナップの中で最も排気量の小さい883ccのVツインを搭載。ハーレーはムカシのロールスロイスのように最高出力を公表していないけれど、騒音&排気ガス規制済みの日本仕様で45馬力程度だと言われてます。

harley

なんで公表しないのか、となれば「あまり関係ないから」だと思う。ハーレーに限らず、どんなバイクであっても最高出力を意識して乗ることはない。ハーレーとしちゃ、その方が神秘的でカッコよいと考えているのだろう。ブランド戦略です。私も全く気になりません。

harley2

ということで試乗してみよう。なぜか公表されている車重は264kgということで、けっこう重いと考えたら良い意味で「あらま!」。低重心のためサイドスタンドからの引き越しも楽々可能、883系は小柄な女性ライダーも多い。体力に自信の無いオヤジだって全く問題なし!

harley4

もちろん足付き性だって素晴らしい。シート位置そのものが低いのだ。思ったより自然なライディングポジションに驚きながらセルを回すと、いともたやすくVツインに火が入り低目のアイドリングを始める。大排気量のVツインのような鼓動感は薄めながら、やっぱし独特の味だ。

1速に入れてクラッチミートすると、いともたやすく走り出す。低速トルクは太く、気むずかしさ無し。引っ張って気持ち良いエンジンじゃないため「ドコドコドコドコ」で2速へ。ここも「ドコドコドコドコ」くらいで3速。そうこうしているウチ、60km/hくらいになりますワな。

harley5

日本の道路事情と883Rの快適な走行速度域がピッタリという感じ。アクセル多めに開けることも無く、普通に加速するとクルマより速くなってしまうこともない。そういった意味じゃストレスなく流れに乗って走れてしまう。どんな人でもジェントルなバイク乗りになれます。

harkey6

ということでハーレーというより、気軽に付き合える相棒といった雰囲気。近所までお買い物に行くときに乗っても面倒くささを感じない。そういった点からすれば、ブランクのあるオジサンのバイクにちょうどいいと思う。価格も103万円でお手頃。ぜひ試乗してみて欲しい。

XL883RのWebへのリンク

絶対的なパワーを含めそれほど奥行きないため、気合い入れてバイクに乗っていたヲジサンからすれば飽きると思うけれど、ハーレーはリセールバリューが脳天に突きササるくらい良いため、次のバイクへの乗り換えもたやすい。もちろん近所のお買い物用なら長く乗れます。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ