スズキ DR-Z400SM

●73万5000円(生産は終了。在庫車のみの販売)

少し前に『モタード』という競技が流行った。オフロードバイクにオンロードタイヤを履かせ、ミニサーキットで速さを競う、といったイメージ。立ち上がりやコーナーの進入でテール流すことなど当たり前。一番似てるのはターマックラリーでございます。

動画はコチラあたりをご参照のこと。

P1060126

ベースはオフ車のDR-Z400

またがって見ると思い切り細い! そらそうだ、単気筒エンジンだし、タンク容量だって少ない(10L)。オフロードでの足つき性を確保すべく、シートだってギリギリまで細くしてある。また、オフロードは意識していないため、ハンドル幅も狭め。そして車重145kgと400ccとしちゃ超軽量。

P1060139

400ccと思えない幅

エンジン掛けて走り出すと軽快軽快! 低速トルクが鬼のように太いため、アクセル開けた瞬間にドンと飛び出す。しかもタイトなコースで勝負するようなバイクだからして、取り回しの良さと来たらスンバラシイです。ハンドル幅も狭い。をいをい! こりゃ街中最強のバイクじゃないかぇ?

P1060124

カッコいいし

別に車道ギリギリの場所を走ることを推奨してるんでなく、歩道のすぐ横を走るようなケースは、ステップ位置が高いため、引っ掛からないで済む。オフロードタイヤだとブレーキなどで物足りないけれど、これまた舗装路のグリップ良いタイヤ+強力な前後のブレーキを装備しているので安心。

P1060137

ブレーキ径も大きい

まぁジャックナイフも軽々出来るほどの前輪グリップ力を持ってるのだから当然か? 試し度胸は無かったけど、過渡特性の良いリアタイヤ+コントロール性の高いディスクブレーキだからいsて、ウデさえあればドリフトアングル付けながらコーナーに進入することだって可能らしい。

P1060142

しなやかな特性のスポークホイール

搭載されるエンジンは4kgm/40馬力を発生する4バルブツインカム。バイク用エンジンと思えない4千回転くらいから強力なトルクを出す。5速ミッションで全く不満を感じないほど幅広いトルクバンド。5速ギア60km/hで巡航している時にアクセル全開すれば、シフトダウンしなくても十分以上の加速をしてくれる。

P1060135

キャブレター式

ギアレシオが低いため、ロングツーリングしようとすると若干エンジン回り過ぎという印象を持つかもしれない。ツーリング専用に使うなら、スプロケットを交換して20%ギア比を上げたって余力タップリ。このあたりはお好みに応じてどうぞ。街中エクスプレスとして使うなら最高のギアレシオですけど。

P1060115

BMWのF650GDはインジェクション

すでに厳しい排気ガス規制が始まっており、キャブレター仕様ではクリア出来ない。かといってインジェクション仕様を開発しても販売台数伸びません。そんなことから、日本製モタードは姿を消してしまった。興味のある人は在庫限り。今なら60万円を切るくらいの価格で新車を買えます。

DR-Z400SMのWebサイト


One Response to “スズキ DR-Z400SM”

  1. とら より:

    大変参考になりました。しかし、あの国沢さんがバイクにもお詳しいとは・・・しかも、どれも的を得たコメントで大いに納得しました。

このページの先頭へ