Vストローム1000

先日トヨタとスズキの件で原稿を書いていたら「ムカシはスズキのバイクが好きだった」みたいな流れになり、突如「そういやバイク持ってね~や」と寂しくなった。昨年から今年に掛け、2台もラリー車を作るといったムチャをしたため、CBX1000まで手放してしまいました。そんなこんなで前から気になっていた『Vストローム1000』を借りてみた次第。

11026

このジャンル、ヨーロッパで大人気になっている『アドベンチャーバイク』である。クルマで言えばカイエンやX5のようなカテゴリー。基本的にはオンロードなのだけれど、その気になれば未舗装路も走れ、それでいてけっこう速い。Vストロームも100馬力1000ccのV型2気筒エンジンを搭載し、最高速220km/hオーバーの実力を持っている。

11021

ライバルは国産車だとホンダのアフリカツイン。BMWのGS1200。ドゥカティのマルチストラーダ、KTMのアドベンチャー等々。Vストロームの魅力は、このカテゴリーの中で一番軽いこと。228kgしかない。とはいえ身長175cmくらいだと足つきがギリギリ。アドベンチャーバイクって基本的に大柄なのである。価格は同じ性能の輸入車勢より圧倒的にリーズナブルだ。

11022

デザインはスズキらしくビミョウである。特にタンクのブブンがのっぺりしている。オーナーになったらデカールなどでアクセントを付けたいトコロ。そいつさえ気にならなければ、コストを掛けて作り込んである。フロントサスは剛性の高い倒立式。ダブルディスクのキャリパーをラジアルマウントし、ABSも標準で装備だ。リアサスは良い位置にマウントされた1本タイプ。

11023

エンジン始動するとVツインらしいビートながら、予想外に振動は少ない。日本の道路環境だと回す必要全く無し! 3000回転以上使うような走り方をしたら捕まります。そして3000回転以下のトルクが太いため、巡航に入ればどのギアであっても少しアクセル開けるだけで必要にして十分過ぎる加速をしてくれる。排気音は規制値をクリアしなければならないから静か。

11024

ちなみに4気筒から乗り換えると、2000回転以下はギクシャクするので驚くかもしれません。したがって速度下がれば、シフトダウンする必要あり。2気筒のアドベンチャーバイクに慣れている人は、全く普通です。スズキのバイクに共通することながら、素直なハンドリングを持っており曲がろうと思ったラインをキッチリとトレース出来る。ライディングポジションも自然。

11025

Vストロームの魅力は価格。定価の140万円もライバルと比べてリーズナブルな上、なぜか走行距離数百kmと少ない中古車が流通しており、100万円程度で買える。このカテゴリーのバイクでは圧倒的にお買い得。北海道に代表されるロングツーリングの相棒を考えているならベストチョイスかもしれません。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ