ヤマハ ナイトロ

フネギョウカイの最大手といえば、アメリカの『シーレイ』である。日本でもシーレイ240260は人気モデルとなってます。私もポーナム26Lと最後まで迷ったほど。しかし残念ながら日本のメーカーを見るとシーレイのような「いかにも楽しそうなフネ」無し。強いて言えばヤマハのラクシアくらいか?

1207b4

デザインは個性的で素晴らしい

ただラクシアだってシーレイのような開放感を持っていない。今後大きなマーケットになるだろう中国などを考えれば、ヤマハも4ドアのオープンクーペのようなモデルをラインナップしておきたい。そんな流れで開発したのが今回紹介するナイトロである。商品コンセプトは「維持が容易な船外機を使ったシーレイ」です。

1207b1

エンジンが少し見えている

艇体(ハル)の長さは27フィート級。350馬力の船外機をボディ構造物の下に隠すという面白いデザインを持つ。率直に言ってカッコ良いです。もう見るからに「「遊びに行くぞ〜っ!」てな感じ。ちなみに基本設計は『エスクワロ』という27フィートのキャビン艇。試乗した『ナイトロX』というグレードだと2190万円。

1207b2

バウの形状が特徴的

前置きはこのあたりにして試乗といきましょう。最初のドライバーはマリーナを出てアクセル全開! キンモチ良いし速い! 比較的穏やかな海を5,4リッターV8の「クォー!」という音を響かせ36ノットくらいでカッ飛ぶ! こういう使い方をしている限り、ナイトロはステキだ。ハンドリングだって良好。

東京湾が狭く感じちゃうほど。ベイサイドマリーナから八景島のあたりまでクルージングしてアンカリング。海水浴なんか最高だと思う。そんなことを考えていたら、私の番となった。私の使い方ってヘビーです。そもそも東京湾奥のマリーナだからして、遊びに行こうとすれば観音崎まで1時間半。

1207b3

燃費は36ノットで1時間120L。25ノットで70L程度

東京湾なので当然ながら大型船の引き波多く、帰りが荒れた海になることだって普通。そんな時は20ノットくらいで巡航する。それ以上出すと、波でハネて背骨折っちゃう。ということからナイトロで20ノット巡航してみたら‥‥。何と超難しい! 20ノットだと速度が落ちてきちゃうのだ。

というか滑走(プレーニング)状態にならない。安定して走れるの、25ノット以上というイメージ。つまり荒れたら、泣きながら8ノットくらいで帰ってこなくちゃならんです。こう書くと「荒れた日には乗らない。荒れそうになったら全開で帰ってくればいい」。まぁそういうフネです。少し波があればマリーナでパーティだ。

1207b5

右側がテーブル

パーティ用のフネ(ギョウカイじゃ宴会船と言う)としての資質は上々。天気良ければ一番上の写真のように5人くらいでテーブルを囲める。天気悪いならキャビンに入るとシーレイのようなレイアウトになっており、5人で囲めるテーブルにギャレーも付く。酔いつぶれたら大人2人がゆったり寝られるバースだってある。

1207b6

この奥が案外広いベッドルーム

以上、私の使い方からすれば全く厳しいけれど、天気の良い日だけ乗ってパーティをするような使い方をする人なら愉快な相棒になってくれることだろう。その場合、シーレイとジックリ迷うことをすすめておく。ナイトロを買う予算があれば『シーレイ280』だって手が届いちゃいますから。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ