ヤンマー FX24CZ

どう見てもフィッシュングボートながら、ヤンマーの分類だと『プレジャーボート』になるから面白い。20ノット巡航なら1時間当たり13L〜15L程度と燃費良好な115馬力のディーゼルエンジンを搭載。95馬力エンジン搭載モデルなら645万円と、何とか手が届きそう。
Fx241
いわゆる「漁船タイプ」

インテリアは質実剛健。樹脂製ハンドル+視認性の良いメーター類というドライバーズシートと、ベンチ形状のパッセンジャーシート、そして昼寝用といった感じのバウスペースを持つ。4トントラックの運転席と、仮眠ベッドをイメージしてもらえばよかろう。
12133
トラック風のメーターパネル

オプションでアフトステーション(後部操船装置)も選択可能。一人で釣りをする時など、ここで操船すると便利。離着岸用に使うのもいい。ただスロットルレバー位置が低いため微調整しにくい。もう少し良い場所に設置できたらなおいいのに。
Fx242
スロットルはハンドルのさらに下方

走りは豪快! 空中排気とあり、スロットル開けると「ぐろろろろろ〜っ!」というエンジン音を響かせプレーニングに入る。重心がめちゃめちゃ低いらしく安定感抜群! 荒れた海で試していないため確かじゃないけれど(引き波は存分に試した)、これなら多少の波も怖くない。
12123
操縦性も良好。最高速は26〜27ノットとのこと

加えてプレーニングと排水状態の領域が良い意味で曖昧。荒れた海でも速度を落とせば何とか乗り切れることだろう。カッコや快適性という点からすれば物足りないけれど、釣り好きなら何の問題も無し。ヤンマーが人気なのも納得出来ます。
<メーカーWebへ>


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ