いろんなタクシーが走り始めた

最近よく「次世代タクシー仕様車」が話題になる。さすがに古いクラウンをベースした『コンフォート』もモデル末期と言われるし、ローレルとセドリックを合わせて作った『クルー』や『タクシー用セドリック』は、もはや生産停止。そんなことからトヨタがタクシー専用車を作ろうとしてます。

とはいえタクシーの需要についちゃ待ったなし。そんなことから最近タクシーがバラエティに富むようになってきた。クルマ好きにとってみれば楽しい。下の写真は地方都市で最近よく見かける風景である。先頭コンフォート。そしてカローラ・アオシオ。クルーです。

528t

並べるとカローラの大きさに気づく。単独で見ればカローラって小さく見えるものの、スペックからすればクルーと大差なし。全長こそ19cmほど短いが、全幅と車高全く同じ。ホイールベースだって10cm短いだけだ。グレイスとかなら、コンフォートより車内広い。

こうなると確かにタクシー専用車の必要性は薄くなってしまう。強いて言えばLPガス仕様に出来るかどうか、といった程度。いや、それすらプリウスのようなハイブリッド車ならLPガスよりランニングコストが低くなる。アクセラのようなディーゼル車もタクシー仕様車に使えそう。

日産勢がタクシー仕様車の生産を止めたことにより、今後、さらにタクシーのバラエティは増えていくだろう。それはそれで楽しいかな、と思うのは間違いでしょうか? 何の役にも立たないネタでございました。珍しい車種のタクシーを知っていたら教えてくださいまし。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ