インフィニティQX80のデザインにビビる

インフィニティはニューヨークショーでワールドプレミアされる『QX80』というコンセプトカーを発表した。驚くべきはデザインです! ここまで来ると「いい」とか「悪い」の問題じゃない。「スゴイ!」。流れとしちゃロールスロイスやベントレーである。美しさより存在感や押し出しの強さ上等の世界。

ファッションショーで言えばオートクチュール。「とうてい着れないでしょ!」という尖ったデザインだ。アメリカのフルサイズカーだからして全幅2m超え。全長だって5,5m級。デザインの仕上がりレベルからすれば、おそらく”ほぼ”このまんまのデザインで出てくると思う。このデザイン、誰が主導したのか?

今までインフィニティは中村史郎さんの後任になったアルフォンソ・アルベイザ(アメリカ人)というデザイナーが担当していたのだけれど、手がけてきたQX30/QX50/Q80インスピレーションとは違うテイストのような気がする。いずれにしろ中村史郎さんのOK出たことに間違いなし。う~ん。

ちなみにアルフォンソさんは、このギョウカイに多い”流れ”のデザイナーでなく日産プロパー。珍しいです。評価もなかなか高い。日産のデザインは変わっていくと思う。現行リーフやマーチのような大失敗作は無くなるか? そうそう。QX80のデザインだけれど、超高額車ならイケると思う。

1000万円級だと少しばかりエグ過ぎると考えます。

 


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ