カコ良いですね~。ドコのクルマでしょ?

さてさて。下の新型車は何でしょう? なかなかスタイリッシュ! もちろん日本で発表されたモデルじゃありません。中国&東南アジア仕様でございます。日本でも1980年代までこの手の端正な4ドアセダンが人気だった。しっかりした個性を持っており、ヒットするんじゃなかろうか?

この流れで1500ccクラスの安価なSUVなど作ったら、相当なイキオイで売れそう。少なくとも工場はフル生産になることだろう。自動車ビジネスって水物だったりする。リーダーズ見て感じた人も多いだろうけれど、1車種売れたらイッキに持ち直すというギョウカイなのだった。

ということで車種は三菱自動車の『グランドランサー』である。日本では絶版になったギャランフォルティスながら、台湾や中国で生き延びていたのだった。1800ccエンジン搭載モデルしかないものの、もちろんランエボXのエンジンや駆動系をそのまんま使えると考えていいだろう。

下は台湾向けのプロモーション動画。衝突試験や三菱自動車らしく悪路試験などもキッチリ行っており、けっこう売れると思う。このフロアが残っているなら、前述の通り安価なSUVをバリエーションモデルとして作ることが出来る。売れれば三菱自動車の新興国事業は上向きだ。

益子社長がランエボを復活させるとは思えないが、徹底的に売れていないミラージュをベースに高性能エンジン搭載のモータースポーツ参戦車両とか作ったなら、必ずや世界規模でラリーに出てくるチームが出てくるだろう。もちろんスピード感が必要です。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ