ディーゼルの甘酸っぱい臭

先日取り上げたクリーンディーゼルの甘酸っぱいニオイだけれど、やはりアルデヒド系の物質でした。それほど高い濃度では無いということだから、普通の人だと健康被害出るようなことない無いという。ただアルコールのように体質によって反応度合いは大きく違う。100%安全とならない。

このニオイを嗅いで不快になる人は遠ざけておいた方が良いと思う。また、コミニュケーション出来ないような乳幼児も忌避することをすすめておく。ちなみにアルデヒド系の排出物は、触媒の温度低いとき(始動直後や渋滞、長めのアイドリング)などで出るそうな。暖まっているときに出たら異常です。

甘酸っぱい臭いを出さないメーカーもあるが、こちらは触媒冷えるとNOxを出す可能性ある。クリーンディーゼルに限らず、排気ガス計測モード以外で規制値以上となってしまうケースなど少なくない。例えばガソリンエンジンだってアクセル全開で燃料冷却入る車種は規制値以上に達する。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ