バイク、足つき性だけのヒョウカをしてみた(永田)

いやいや足つき性だけでバイクの評価が出来ると思わなかった~。とはいえ貴重な情報であることは間違いなし。様々な視点が必要ですね~。

--------------------

ほぼ足着き評論ともいう、モーターサイクルショーで私が気になったバイクです。以下、キャプションをご覧下さい。

近々出るホンダのミドルアメリカン、レブル。250はシングル、同じ車体の500は二気筒で、日本製とのこと。日本製というと高そうな気もしますが、NCの低コスト化つながりでお安い値段を期待したいところ。足着きは当然良好で、ホンダのミドルアメリカンを見て、昔黄色のマグナが欲しかった時期があったのを思い出しました。

 

延び延びになっているBMWの中型。インド製で、いよいよ夏頃に60万円台で入ってくると、盗み聞きしました。
 
 
足着き評論で一番驚いたのがVストローム250。具体的にはジグサーやGSR250よりよく感じました。そう考えると2台の足着きが悪い訳ですが。いずれにせよVストローム250には、私もアドベンチャーに乗れるかも、という勇気をもらいました。それが私にはどうにもならないVストローム1000の弟というのが面白いところです。
 
 
ドカティスクランブラーのシクスティ(中型)。私が行けそうなくらい足着き良好。
 
 
ドカティスクランブラーのアイコン(大型)。大型バイクにはたいてい足着きで叩きのめされますが、コイツはシクスティと同じなので足着きは大丈夫そう。私は「大型バイクは何より足が着かなくて、実質的に免許があっても乗れないから、免許取る意味あるのか?」とも思いますが、アイコンを買うお金があるなら、シクスティに対する差額の小ささをシャクに思うという妙な考えで、大型二輪免許を取るのもいいかなとも感じます。

 
 
初めて足着きを試せたVTRは期待通り良好。さらに足着きのいいLDがあるのがうれしいところです。
 
 
KTMのデューク390は何とか乗れそう
 
 
KTMブースのデューク125は390と同じかと思いきや、タンデムシートを跨ぐ段階から大変。同じ車体ではないんでしょうか?

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ