フォード復活へ

かつてはベストセラーカーだったトーラスが、カムリやアコードといった日本勢にやっつけられて久しい。実際、フォードは日本勢より充実した販売網を持ちながら、燃費や品質に問題を抱えており驚くほどあっけなく落ちていってしまった。しかし! 地獄から這い上がったフォードは、ここにきて魅力的な商品を次々に出してます。

下の写真は『フュージョン』というカムリやアコード級のセダン。小さいジャガーみたいなスタイルをしており、なかなか好評。ECOカーアジアで紹介している新型アコードと見比べて欲しい。100歩譲ってデザインだけならカッコ良いアメリカ車もあった。されどフュージョンの場合、スペックだって負けていない。いや、日本車以上だ。

9081t.jpg

素直にカッコよい

まずベースモデルに搭載されるエンジン。何と1,6リッター179馬力のECOブースト(ターボ)である。フォードは販売するクルマの90%をECOブース
トエンジンに切り替えると発表し、着々と計画をすすめている。さらに売れ行き好調のスバルを意識し、237馬力の2リッターターボエンジンを搭載する4WDもラインナップ。

そして新たに加わったのがトヨタと同じシステムを採用するハイブリッド。燃費を見て驚く! 何と都市モード&高速モードいずれも20、1km/Lというスンゴイ数字なのだ。参考までに書いておくと、カムリHVは都市モード18,3km/Lの高速モード
16,6km/L。プリウスαの18,8km/Lと17,1km/Lより優れてます。

一般ユーザーの評価は少しタイムラグある。今までダ
メなクルマを売っていたフォードを信じられない、という人も多いようだ。されど彼らには「地の利」だってあります。「外車って高い」と思っている日本人が多いけれど、スターティングプライスはフュージョン2万1700ドル。カムリで2万2055ドル。アルティマ2万1500ドル。

新興勢力は少し安価なプライスタグを付ける。ソナタ2万895ドル。さらにアメリカ仕様のVWパサート2万845ドル。参考までに書いておくと、レガシィの好調な売れ行きは4WDでソナタより安い2万295ドルという破格の価格設定が効いている。このクラス、今や世界で最も厳しい戦いと言ってもよかろう。新型アコー
ドやいかに?

・ECOカーアジアは「アコードPHVの詳細判明


5 Responses to “フォード復活へ”

  1. 小林 英弘(携帯) より:

    やっぱりアコードは北米仕様が一番カッコイイですね! 日本でもこのまんまのデザインで売って欲しいです! PHVでもHVでなくても燃費がトルネオ君以下でも買います!(笑)

  2. さね より:

    いやーマツダ、ホンダにトヨタには悪いけどフュージョンの方が、日本人から見てもどー考えてもカッコイイでしょ普通に。彼の地の消費者の好みはたまに?だからわかりませんけど。日本フォードはフォーカスやフュージョンやフェイスタを何故扱わないんですかね? 一部の好事家好きのエクスプローラなど気持ち分かりますが、新型エスケープ個人的に欧州クーガよりカッコイイ!など扱わないのかな? フォードなら日本車並みのプライスつけて、ディーラー増やしたらいけると思うなぁ。個人的にアメ車好きなんで。リンカーンブランドなどもいいけど庶民が買えてこそフォードでしょ(多分ほとんど欧州フォード設計だろうけど小さいフュージョンまであたり?エンジン、変速機は米フォード?) でもこんなカッコイイのきたら日本車困るな…メカも魅力的だし。ホンダは適当になんとかアメリカ人騙せて商売出来るとして、マツダ心配だ。ネットだと時期アテンザちょいとお高いとか日本では?わかりませんけど。アメリカじゃどー考えてもフュージョン、同じくフューHVでしょ。まあ新開発だか改良かしりませんがまた無駄な…日本の誇る低燃費ウエポンCVTで、席巻できるんでしょ日本車、日本ではCVT大好き低燃費なめらか、素晴らしい加速性能!とゆう意見多々あるし。アースドリームテクノロジーで信頼性、耐久性で今はしのいで頑張ってほしいです日本車。スタイルとスカイアクティブ技術が売りのマツダは真面目に心配だ。スーパー低燃費?を証明、アイコンとして定着させないとブランドイメージが…。にしてもエコブースト凄いな。そういや欧州車凌駕したらしい古いエンジンでも低燃費、加速性能抜群、万能CVT搭載ならなんでも凄い自動車になる日本車だし安泰か…個人的にはバカか?ですが… なんか欧米勢と差つき過ぎな気がするのはマイノリティな、外車びいきわかってないアホ意見としか見られない日本。 ま、多くの日本人の意見と違って少数派でも、個人的に正しい意見だと思ってるし、はみ出す意見もないとなぁ。言い続けます(笑) 自動車評論家プロなら尚更と思いますが個人的には。くだらない技術、車を誉めてるのって…生活かかってんだなぁきっと。にしても、なんちゃってマスコミ過ぎだな自動車業界関係者は…

  3. オロネロ より:

    格好良いですね!
    新型アコードのデザインは全然ダメダメですが、
    これで値段が日本車と変わらず、燃費もよいなら、
    もうこれ(か、アテンザ)しかないですね。
    日本車の高速燃費が伸びないのは、やはりCVTが原因のような気がします。
    私は去年の年末に、フィットハイブリッドを買おうと思ってましたが、
    デザインでどうしても受け入れられず、ポロになりました(アクアは友人が購入したのと、やはりデザインで却下)
    日本車はデザインを何とかして欲しいと、切実に思います。
    セダンは特に重要と感じます。

  4. 真鍋清 より:

    現在の米国フォードではフュージョンを始めその下のコンパクトたるフォーカスには魅力を感じる反面、中大型セダンたるトーラスにはどこか感心できません。
    このトーラス、いかんせん車重が2t弱と重すぎ、せっかくの2.0リッターエコブーストも生きてこないのは玉に瑕ではないでしょうか。
    ここらへん、ボルボS80由来の横置きFFシャーシーの功罪と思われ、次のトーラスはどのように合理設計を見せるか目を離せないと思います。

  5. 買取屋 より:

    日米欧そして韓?量販車から上級車迄〜熾烈な競争になってますね…デザインや性能〜そして走りや燃費〜価格や信頼性サービスに至るまで…世界規模でとてつもなく大きい商品ですよね…カーマニア?の皆様のご意見並びに日本車〜欧州車の賛否両論…どれも一理有りますが〜結局は時代や流行、乗り方や使い方〜趣味嗜好や生活、経済事情〜また価値観にもよりますし〜妥協とレベルの差は多少在れど一長一短のような気がします…何台乗っても〜全てにおいて完璧なクルマなど存在しませんし〜作れませんよね…仕向地や多数の市場ニーズが優先されるだけのことで〜販売台数こそ正義?幸いにこの狭い島国でもメーカーやディーラー、中古車もひしめき合ってることだし…世界中の豊富な車種から選べるなんて〜比較的、恵まれている環境だと思います…諸税と維持費と道路事情が玉にキズですが…観て乗ってそれぞれの価値観や相性の合うクルマこそ良いクルマと云うことで如何でしょうか…?

このページの先頭へ