フォード祭り、少しづつ始まりました~

日本から撤退するフォードは少なからぬ在庫を抱えている。遠からずフォード祭りが始まるだろう、と以前紹介した。このところの価格の動きを見てたら、どうやら祭りの初陣が登場してきた感じ。例えば新車だと246万円の『エコスポーツ』。新車の値引きが増えてきたため、中古車相場は大きく下落中。何と走行5千kmで115万8千円の売り物などでてきた。

ディーラーのデモカーで139万円から。まだ強気の価格設定もあるけれど、同じクラスの国産車より安くなっていくと思う。1リッター3気筒ターボエンジン搭載の『フィエスタ』(新車236万円)は、エコスポーツより走りが良いブンだけ相場も高めに推移。走行5千kmの中古車だと129万円といったイメージ。これまた安価な売り物がボチボチ出てきた感じ。

フォーカスは最後に入荷してきた自動ブレーキ付き1500cc/180馬力のマイナー後モデル(2000ccターボ無しモデルはクルマとして厳しい)で新車が210万円。309万円という強気の価格設定だったものの、市場によって付けられた価格は100万円安い210万円だったワケ。スペックや性能など考えたら、210万円は買いだと思う。2000ccダメです。

やはり日本のクルマ好きは慧眼である。私ですら「安かったら‥‥」とウォッチの対象にしている新型マスタングは強気のままだ。安くなったらすぐ売れる、という状況なんだろう。また、エクスプローラーも最新バージョンの2,3リッターが祭りの対象になり始めたらしく、380万円を切る相場展開になってきた。350万円ラインになったらお買い得だと思う。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ