プリウスPHV試乗レポート。良いけど高い?

プリウスの数少ない弱点のひとつが「追い越し加速のレスポンス」である。街中走行時、アクセルを踏んだ直後はバッテリーの性能ぶんしかパワーを出せないのだ(エンジンかかってない状態)。現行モデルだとわずか50ps程度だという。これ以上の馬力が必要な時は、エンジンを始動して回転数を上げていかなければならない。なのでフル加速態勢になるまで2秒ほどかかってしまう。

ところがプリウスPHVの場合、大きなバッテリーを搭載しているうえ、アクセル開度が大きい時は走行用モーター+発電機までモーターとして使い、エンジンが停止していても105psを引き出せる。追い越し加速がいいと言われる日産リーフに匹敵するパワーを瞬時に引き出せるのだった。乗るとハッキリわかる! レスポンスのよさをうたうノートe-POWERより一段と気持ちのいい加速であります。<続きを読む>


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ