ベンツ、在庫一掃セール実施中! Cクラス110万円安!

好調な販売台数をキープしているメルセデスベンツながら、ここにきて大量に自社登録をしているというウワサが流れている。どれどれ、とカーセンサーの中古車情報をチェックしてみたら、なるほど! スンゴイ台数です! 試しにAクラスとCクラスとEクラスの走行100km以下を探すと、驚いたことに384台! 多くは2016年6月の登録の新古車だ。

前期の締めである6月に台数を稼ごうとしたワケです。このニュース、悪いと言っているんじゃ無い。ユーザーからすればベンツを安く買う大きなチャンスである。例えば新車だと340万円程度するAクラスのレーダーセーフィティパッケージが261万円! 実質的に80万円の値引きである。もちろん登録しただけのクルマだから完全に未使用車。

Cクラスも545万円のC200アバンギャルド(レーダー×5個とステレオカメラから構成されるレーダーセーフティパッケージ付き。10km/h以下は自動運転)が110万円安の435万円。この売りモノの走行距離は20kmである。人気のC220dアバンギャルドだってヤナセの中古車部で488万円(新車価格570万円)。しかも特別金利1,9%だというから嬉しい。

強烈なのは新型が発表されたEクラス。2,2リッターディーゼル搭載のE220dアバンギャルドは498万円で、ほとんど200万円安い。驚くべきことにSクラスの新古車まで60台ほど出回っていた。Eクラスについちゃ新型をおすすめしたいけれど(1年ほど待って買うと安心です)、それ以外のベンツを買うなら最大のチャンス到来かと。もちろんさらに値引きもありそうです。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ