ホンダのディーラー対応に失望す

読者の方からメールを頂いた。数年前から交流ある方で、別府で社会的な信用のある仕事をしてます。現在、自分用にレクサスGS450hとBRZ。奥方用にレヴォーグ乗ってる。相当のクルマ好きですワな。虫がうずいてGS450hとキャラ被るレジェンドを大分まで見に行ったそうな。

すると現車無し。ということは想定範囲だっとか。そこで「カタログありますか?」と聞いたら、予約制で一ヶ月かかるといわれ、住所連絡先記入して帰ってきたとか。別府からわざわざ大分の本店までレクサス乗っていった客なのに。「売る気あるのですかね?」と怒ってます。

そして昨日、ホンダは止めればいいのに、辛抱たまらずメディアで評価の高いS660を見に行ってきたという。ここから話は一段と酷くなる。以下、メールの内容です。

「電話して実車ある店頭にBRZで出向き、試乗車あったので試乗お願いすると人気車ですので平日の試乗のみです。といわれました。土日しか休みのない人はどうしたらいいのですか? と聞いたら休みを取ってください。との返答。その日は誰も客おらず少し乗れればいいですといってもダメの一点張りでした」。

続けて「冷やかしでないような客にこのような対応で、臨機応変な接客もできず、高級外車でももう少し融通効きます。全国的かわかりませんがご報告だけさせていただきます。ホンダ、大丈夫でしょうか?」。

こういった話、ホンダだけではない。永田も自分がデミオ買ったマツダのディーラーに行き、ロードスターのカタログを貰おうとしたら「ネットで事前に商談予約していないとダメ」と言われたらしい。「こんな商売してたらお客が逃げますよ!」と怒っていた。そらそうだ。

自動車のディーラーは普通の人にとって人生で最も高いモノ(家を除く)を売る仕事をしている。最もレベルの高い顧客対応が求められるということです。実際、サービス体制など、他の業種よりレベル高い。少なくとも自動車メーカーはそういった目標を立て、頑張っている。

ただディーラーが付いてこない。少なくともホンダはレジェンドとS660の2台を売りっぱぐれたと思う。この読者の方、簡単にクルマ乗り換えますから。以上、起承転結の無い連休ならではのダラダラした話題です。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ