三菱自動車の燃費不正、日産ユーザーは納得せず?

三菱自動車の燃費不正の賠償金は一律10万円と発表された。反応を調べてみたら、三菱自動車で販売した2車種と、日産ディーラーで販売した2車種で大きく違っている様子。三菱自動車のユーザーは、10万円で納得している傾向が強い。一方、日産ユーザーは大いなる不満を持っているようだ。

理由を聞いて納得した。eKワゴンもeKスポーツもクルマを購入した時点で二度にわたるリコール隠しにより三菱自動車のブランドイメージは落ちており、それを承知で購入している。つまり三菱自動車の支持層が買っているということ。したがって多少の問題出たくらいではあまり気にしないのだろう。

日産ユーザーは三菱自動車の製品だと思って購入したワケでない。日産車として買っている。当然ながら三菱自動車のリコール隠しと全く関連づけておらず、騙された感が強い。実際、燃費不正を受け、デイズを手放そうと買い取り業者に聞いてみたら「不正発覚前は100万円くらいだったのですが、今は頑張って70万円です」と言われたそうな。

確かに下取り額の低下は出ている。調べてみたら20~30万円安くなっている。なかには「現在買い取りは出来ない」という業者も。買い取っても在庫になってしまうからだという。10万円程度の賠償金ではカバー出来ない。

ただこの件、三菱自動車だけの問題では無い。そもそもNMKVは日産と三菱自動車の合弁会社であり、日産の責任無しと言えない。日産も独自にユーザーの理解を得られるよう、対応をすべきだと思う。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ