久々にナイトライダーを見てワクワクしました~

休みの日なのでヒマネタです。仕事の合間にTV見てたら、34年前に放送されていたナイトライダーのシーズン1をやっていた。このドラマの根底にあるのは、クルマへの強い信頼感である。ナイト2000のようなクルマがあったらどんなに心強いことだろう。クルマに乗っている限り、どんな危機的な状況からも脱出出来ますから。クルマに対する夢を感じる。

34年経ってナイトライダーの気配を感じさせるクルマが出てきた。初期段階ながら運転アシスト始まり、自動で車庫入れする機能も仕上がっている。安全性だって飛躍的に向上し、防弾ガラスを除けばナイト2000の10%程度のタフさを持つようになった。今やクルマの中に居るときの安全性ときたら、無謀な運転をしない限り、乗り物の中で一番だと思う。

このドラマを技術者に見せて「こういうクルマを作って欲しい」と言ったらどう作ってくるだろうか? 私なら「音声入力を充実させたい!」と思います。現在音声入力はナビなどに限って導入されており、しかも使い勝手と言えばスマホのソフトよりはるかに劣る。私はスマホの入力を全て音声入力で行っているけれど、大幅にヒット率が上がってきました。

例えば車庫入れ。今は液晶画面などタッチしながらでないと出来ず、なかなかの手間。使っていない人の方が多いだろう。けれど音声入力ならどうか? 「バックさせて」と言うと「解りました」と確認の返事。続いて「車庫入れ」で「解りました」。その間、シフトレバーをリバースに入れて待機。「準備出来ました」でブレーキをリリースすればよかろう。

こういう操作なら私だって使う。何より楽しいですから。その他、液晶画面などで操作する機能は全て音声入力にしたらいいと思う。サスペンションなども「硬くして」とか「柔らかく」と言って変わったらもっと頻繁に使いたくなるハズ。昨今、自動車メーカーの技術者は性能や機能ばかり追求し、楽しさをあまり考えない。若手の技術者はナイトライダーを見たらいい。

その気になれば空調だってオーディオの音質だってナビの拡大/縮小だって、全て音声入力で出来る。クルマの楽しさは飛躍的に向上するんじゃなかろうか。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ