幼児を乗せた自転車が車道を走ってる。警察の無策に腹が立つ!

どう考えてもアブナイと思う。家の前は路肩の無い片側2車線の道のため、車道を自転車が走るような余地なし。なのに警察から「車道を走れ!」という命令出た途端、自転車も車道を走るようになってきた。写真の自転車、後ろに幼児乗ってます。この横を40km/hでクルマは走る。

今日のように風の強い日だと建物の無い場所から横風喰らい右に出ることも。こういった状況、警察はどう考えてるのだろうか? 私からすればオタンコとしか思えないです。事故になったら、自転車に乗っている親子はもちろんクルマ側だって不幸なこと。誰だって事故など起こしたくない。

そもそも鉄の塊が40km/h(先日家の前でスピードガン使い白バイの速度計ったら62km/h出てた)以上出している横を、何の防御も無い自転車で15km/hなど悪い冗談以外、ナニモノでもない。さらに酷いのは、写真の自転車走ってる場所に青い線引き「自転車専用です」。

もはや手が付けられない馬鹿な状況だ。解決策はあるか? いくらでもあると思う。上の場所についていえば、歩道と車道の柵を30cmほど車道側に寄せる。すると歩道を2m確保可能。ここを半分に仕切り(ペイントでなく物理的な柵)歩道と自転車道に分ければいいと考えます。

すると「自転車がスレ違えない」なんてマヌケなことを言う輩がいるだろうけれど、自転車は左側通行。上の写真でいえば、左側の歩道を手前に走っちゃいけないのだった。また、1mあれば車いすやシニカーも走れる。整備が済んだ場所から「自転車はココを走りなさい」とやればいい。

警察はあまりに無策である。幼児を乗せてる自転車が車道走ってるのを見る度に腹が立つ。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ