格安タイヤで人気だった『オートウェイ』の代表が逮捕されました

新興国のタイヤを日本で売るというビジネススタイルを確立した『オートウェイ』の代表など3名が逮捕された。国交省が定めた安全基準『JWL』の偽造マーク付きホイールを販売したという。ホイールは命を乗せている部品ということもあり、基準をクリアしていないとすれば大いに問題だと思う。先日のラリーで破損したホイール、粗悪品であれば完全に終わっていたことだろう。

コストコで売ってるお買い得ホイールはJWL付き

偽造マークどころか偽造ホイールが出回っていることは自動車用品業界のヒトなら誰でも知っていること。実際、タイなどに行くと、レイズやBBSのホイールを驚くほど安い価格で売っている。ブランドものの偽ハンドバックの如く精巧。ホンモノと見比べないと判別出来ないと思う。本物のホイールで”カタ”を取ったため、JWLマークなども付いてます。もちろん強度についちゃ考慮されていない。

逮捕されることになった事案の発端はBBSのホイールが不当に安くネットで個人売買されていたことだという。BBS、ニセモノには昔から厳しい。”誰か”が安すぎる価格に疑惑を感じこのホイールを入手し、JWLの強度試験を行ったようだ。結果、基準を満たしておらず。偽BBSを売ろうとしたヒトに話を聞くと「オートウェイから買った」。BBSはJWLの基準を満たしていないニセモノだったワケ。

これはホンモノ

オートウェイは当然ながら仕入れルートは認識しているだろうから、結果的にJWLのマーク偽造も知っていて販売した、というのが警察の判断だ。逮捕された3人もJWLマークの重要性は知っていたことだろう。先日も自動車用品組合のメンバーと意見交換したのだけれど、ホイール業界の話になった。販売していたJWLマークをニセモノだと知っていたかについちゃ警察が調べると思う。

個人的に「知らなかった!」のは新興国で出回っているニセモノが日本でも流通していたということ。前述の通りホイールは命を乗せている。安全に影響するため、絶対にJWLをクリアしていないホイールは使わないで欲しい。こう書いても低性能の自動ブレーキだと解っていて買うヒトがいるからアカンか? 少なくともクルマの達人の皆さんは注意してください。迷ったらコストコだ!

これまたJWL認定なので決定的に破壊しなかった

激安タイヤはどうか? タイヤの場合、生産工場に認可が与えられる。認可された工場で生産されたタイヤは、タイヤの側面に工場コードが2文字で表示されるのだった。といった意味でホイールより安心のような気がします。ただ車重のあるクルマや、速度域高いトコロで使うのなら私は敬遠する。価格最優先で選びたいヒトは、有名メーカーの新興国工場製が安心だ。

 

 

 

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ