異例の事態に! トヨタの国内全工場、8日から操業停止!

追記・本日(2月1日)トヨタは2月8日~13日まですべての生産ラインを止めることを発表した。週明けの15日から再開を目指す模様。

愛知製鋼というトヨタ傘下の特殊鋼を作っている企業がある。自動車に使われている”金属”の大半は大手の製鉄会社などから購入しているけれど、サスペンションやエンジンなどに使われている金属はメーカーによってレシピ異なるため、かなり特殊なのだった。愛知製鋼もそんな特殊鋼を作っている大手で、もちろんほぼ全ての製品をトヨタ自動車に送り出してます。

愛知製鋼のWeb

その愛知製鋼の加熱炉で1月8日の夜、幸いケガ人は出なかったものの爆発事故あった。当初、それほど大事にならないと思われていたが、そうじゃなかったようだ。なにしろ特殊鋼だからして簡単に代替出来ない。同じようなレシピで作られる他の会社の特殊鋼を使うにしても、果たして自社の規格に適合しているか入念なチェックを行わなければならず不可能に近い。

すでに減産しなければならない状況になっており、国内すべての工場で明日から残業と休日出勤を取りやめる措置を取る(現在2月8日までの予定)。具体的な部品は公表されていないが、国内全ての工場となると全ての車種に使われている部品と言うことになります。もちろん大量のバックオーダー受けフル生産しなければならないプリウスも例外じゃないということ。

愛知製鋼の生産ラインが稼働を再開出来るのは3月下旬以降と言われている。同じような素材を大同特殊鋼から購入することも考えているようだけれど、フル生産は難しいかもしれません。東日本地震やタイの大洪水で生産ライン止まるのはある程度理解出来るが、一つの企業の特殊鋼によってトヨタ全体の生産に影響出るとは予想もしていなかった。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ