純正ナビは消えゆくと思う

様々な機能が付いているとはいえ、工場装着の純正ナビは30万円程度する。見合った機能を持っているかと言えば「う~ん!」。そんな状況の中、マツダだけ激安ナビをラインアップしている。『マツダコネクト』と呼ばれるタイプで、例えばCX-5なら4万8600円のSDカード買うだけでOK。

しかし! このナビがオタンコだった。行き先案内どころか、自車位置すら怪しくなってしまうことだってある。永田ですら「使いモノになりません」。マツダコネクト付きの車種なのに、高いお金を払い他のナビを装着する人まで出てくるほど。低性能マツダコネクト、デミオまで続いてました。

この件、マツダの開発陣も心を痛めていた様子。CX-3で格段に進化したのである。驚くほど使い勝手良くなり驚く。それだけじゃない。ダメなマツダコネクトを買った人を対象に、無料アップグレードを開始した。マツダコネクトはSDカードで機能を設定しているため、アップグレードしてやれば対応できるのだ。

すでに永田もアップグレードを受けたという。使い勝手といえば「普通の純正ナビ程度になりました」と大喜び。確かに30万円相当のナビと同じ機能で5万円弱ならリーズナブル。これで足を引っ張っていたマツダコネクトが、イッキにマツダ車全体の商品力アップに貢献することになる。

30万円相当の純正ナビが5万円。価格換算で25万円のアドバンテージになるから凄い! 高いと言われるロードスターだって、ライバル車の純正ナビ付きより下を見て20万円安くなる。こうなるとライバルメーカーだってウカウカとしていられない。遠くない将来、高価な純正ナビは淘汰されるだろう。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ