若い世代向けのクルマはこんなのがいいの?

またまた軽自動車より小さいサイズのクルマの提案があった。『リモノ』と呼ばれる全長2,2m×幅1mの電気自動車で、エクステリアは全て布や樹脂といった柔らかい素材が使われてる。最高速度45km/hで航続距離50kmを目標にしているそうな。とりあえず100万円。将来的には40万円程度を目指すという。下が写真。クリックして頂ければ素材感も解る。

5231t

この手の乗り物、国から補助が出ると言うことで、ベンチャー系の皆さん熱心。自動車メーカーはイヤイヤ付き合ってオシマイにしたいようですけど‥‥。確かに自動車メーカーからすれば、リモノ的なクルマは全てクレームの対象になることばかり。そもそも雨でシミが付いたら落ちないし、樹脂のウインドゥの視認性だって安全面でキビシイ。夏は暑いかと。

リリース(pdf)

おそらくクルマ嫌いな人達が「これならユルしてやる!」くらいの気持ちで作るのだろう。問題は混交交通の中にどうやって入り込むか、だと考える。制限速度30km/hゾーンみたいなのを作り、その中だけで走れるような乗り物なら面白いかもしれない。それだって45km/h出れば子供や自転車と衝突したら危険でしょうけど。月1000台を目標にしているそうな。

個人的には「ホンモノの自動車で手頃な価格を実現すべき」だと思う。例えば軽自動車。今やコストダウンが進み、エアバッグや横滑り防止装置、納得出来る自動ブレーキを全て付けても100万円程度で販売出来る。もちろんエアコン付きで、最高速だって余裕で100km/h以上出ます。アルトやミライースのデザインじゃぜ~んぜん欲しくないですけど。

登録車ならホンダがタイで販売している『BR-V』のようなモデルがいい。1500ccエンジンを搭載しタイでの価格はフィットとヴェゼルの中間程度。ボディサイズはヴェゼルより一回り大きく、5人乗りと7人乗りをラインアップしている。本来なら海外で生産されるジェイドやグレイスを日本で作るなら、BR-Vにして159万円とかで売ったら面白いと思う。

5072

ちなみに100万円の軽自動車であれば、5年ローンで諸費用込み毎月2万円+ボーナス月3万円。160万円のBR-Vだって毎月3万円+ボーナス月5万円で済む。リセールバリューの良い人気車だと18歳で100万円の軽自動車買い、21歳で160万円のクルマに乗り換えることだって可能。真剣に若い世代が買えるようなクルマを考えるべきだと思う。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ