黄砂に注意!

日本の広い地域で黄砂があった。御存知の通り黄砂は砂漠から飛んでくる微粒子。基本的に石や岩から出来ているため粗いコンパウンドのようなもの。これを擦って落とそうとしたら塗装の表面を傷めてしまう。水を使わないで汚れを落とすような「使い捨て洗車布」など使うと相当厳しい。

もちろん洗車機もすすめない。洗車ブラシとボディ表面の間に黄砂の粒子入ったら、これまたクレンザーでボディを擦るようなもの。細かい擦り傷がたくさんついてしまうし、クリア層を削る。シャンプー洗車やワックス洗車でも同じ。1往復目のブラシで決定的な傷が付く。

どうしたらいいか? 黄砂の時はホースで水を掛け全体を濡らす。続いてバケツの中に洗剤入れタップリ泡立て、一度優しくスポンジでぬぐう。最近の黄砂、汚染物質も付着しており、油分も含む。水だけだと落ちてくれない。洗剤(界面活性剤)を使えば強く擦らなくても汚れは落ちる。

軽く洗ったら表面に水を掛けて流す。そして普段通りの洗車をすればいいと思う。もしタップリ時間を掛けて洗うことが出来ないなら、不本意だろうけれど汚れたままで乗ることをすすめておく。時間が取れたとき、じっくり洗えばよかろう。黄砂によって付いた細かい傷を落とすのは専門の磨き屋さんじゃないと難しい。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ