あらま! ロードスターのエンジン公開!

驚いたことにマツダのブースが大賑わいである。前回の東京モーターショーは地味な展示だったこともあり、なかなか寂しい状況。昨年のフランクフルトショーも、プレスカンファレンスの時間を除けばクルマの方が多いくらいだった(少し大げさな表現です)。なのに!

1017t

パリサロンはプレスカンファレンスをやらないにも関わらず(広島災害のためかと)、絶えず人がいます。しかも長い時間滞留してる。やっぱりロードスター効果でありましょう! クルマ好きは夢のあるクルマが好きなのだ。どれどれ、と近寄ってみたら‥‥。何と!

1015t

ボンネット開いている! 日本では「エンジン見たい!」というリクエスト多かったのにダメでした。されど全面オープンでございます! するとモックアップといろんなブブンが違っていたし、改めてエンジンの搭載位置の凄さに気づかされる。エンジン前端も車軸の後ろです。

1016t

エンジンは明らかに小さい方のブロックだからして、マツダのラインナップだと1,5リッター。アメリカ仕様は2リッターだというウワサも流れているけれど、見てないから不明。少なくとも日本とヨーロッパ仕様に搭載されているのは1,5リッターです。少しずつ情報出てきますね!


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ