この電池でエンジン掛かる!

最近驚いた”道具”が『携帯用ジャンプスタートバッテリー』でございます。マレーシアに到着したインプレッサのエンジンを掛けようとしたら、ウンともスンとも言わない。ヒンさん(タイのヒト)にブースターケーブルを持ってきてくれるよう頼んだ。すると下の写真のような電池が‥‥。

9051t

重さ342g

大型の携帯用予備電池の如し。直観的に「こらムリだろう」と思った。弱っているバッテリーの補助としてなら使える可能性あるだろうけれど、インパネのランプも付かないくらい電圧落ちてたら相当のパワーを必要とする。細いブースターケーブルじゃセルだって回らない。

9052t

という私の否定的な意見など気にせずヒンさんはワニ口クリップをサクサク繋ぎ「OK!」。セルを回せと指示してる。するとどうよ! いともたやすく始動してしまいました! 激しい衝撃を受けましたね! どうなってるんだ? タイ人に新しい道具を教えて貰った次第。

帰国後、早速手配したのが届きました。容量12000mAhで普通の携帯用補助電池と同じレベルながら「一度に大量の電力を引き出せる特性」(ハイブリッド用電池的)なんだろう。ワニ口クリップの他、PCやスマホなどに充電出来るUSBと12V、19Vのアウトプット付き。

9053t

これならPCをスマホでティザリングさせながら使えます。つまりジャンピング用じゃなく日常使いが可能。価格は1万円少々と高いものの、私のように出先でPC使うなら一石二鳥だ。もちろんバイクのバッテリー上がりにも余裕で対応出来る。クルマに常備しておけば便利。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ