アメリカの販売台数

アメリカに於ける3月の販売台数が発表された。下の表は大型のSUVを抜いたもの。最初の数字は3月の台数。二つ目に前年同月比。そして今年に入ってからの台数である。何と! わずか100台差ながらアルティマが乗用車のTOPに立った! 新型アルティマ、デビュー以後、カッコ良さと燃費の良さで大健闘してます!

Nissan Altima      37,763     -8.0     86,952    
Toyota Camry      37,663     -11.5     100,830    
Honda Accord      36,504     36.4     88,427    
Toyota Corolla      31,423     11.1     80,244    
Ford Fusion        30,284     6.0     80,558  
Ford Escape        28,934     27.6     72,983    
Honda Civic        27,665     -1.9     72,259    
Honda CR-V        26,897     -12.9     65,374    
Hyundai Elantra    26,153     32.9     54,546    
Ford Focus         24,929     -11.9     61,898    
Chevrolet Cruze    23,260     7.7     55,731    
Toyota Prius        22,140     -22.9     55,724    
Chevrolet Equinox  20,997     4.7     58,869    
Chevrolet Malibu   18,539     -22.4     49,179    
Hyundai Sonata    18,031     -22.6     47,285    
Chrysler 200       16,593     11.3     36,885

ジワジワ来てるのがフュージョン。日本では馴染みの無いクルマながら、カムリ級でトヨタ式に限りなく近いハイブリッドなどもラインナップするミニジャガーみたいなカッコ良いモデルであります。興味ある人はリンク先を御覧頂きたく。ソナタの快進撃、そろそろ終わりかもしれません。このところ上の方に来なくなってしまった。

ちなみに1〜3月までの4半期の全需の伸びは6,4%と好調。アメリカ、クルマ売れているのだった。GMとフォード、クライスラーは、それぞれ9,3%、11%、7,6%増と全需の伸びを上回った。日本勢を見ると、トヨタが8,7%増、スバル14.8%増と好調。なかでもスバルはXVの売れ行きがそのまま乗った感じ。

以下、数字を並べると、ホンダ5,5%増。日産1,3%減。三菱自動車3,7%減。マツダ4,6%減。スズキ9,3%減。なかでも厳しいのが三菱自動車で、3月は26,2%も減っている。起死回生の新型車も今のところ無し。このままじゃ赤字拡大する。スズキに続き、アメリカ市場から撤退する可能性が大きくなってきた。

・リーフの乗り方は「リーフ、アメリカで売れ始めた?


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ