インフィニティQ50

デトロイトショーが始まる。全ての出展内容は判明していないものの、どうやらECO指向というより景気の良い流れのようだ。アメリカという市場、景気よいと大きくて立派で派手なクルマの方向に流れていく。果たして日本車も存在感をアピールしていけるだろうか? トップバッターは「う〜ん!」のインフィニティ。

1151t.jpg

日本ではフーガとして売られる?

『Q50』というフーガの後継モデルを発表したのだけれど、どうしちゃったの的なデザインであります。御存知の通りデザインの指向性って車格によって大きく異なる。大雑把な「文法」をあげると、1)小型車は世界的な好みが似ている。2)中型車は国や地域によって大きく好みのデザインが違う。

そして、3)高級車は全てのクラスで世界的に好みが近い、というもの。この三つ、いろんなクルマに当てはめて考えて欲しい。新型アコードなど、2)の法則により日本じゃ厳しいけれどアメリカで絶賛。ポルシェやBMWやベンツだと3)の法則が当てはまる。フィットの世界的人気も、1)に該当します。

参考までに書いておくと、小型車はゴルフ級以下を示す。高級車の場合、ボディの大きさだけで無く、BMWに代表されるプレミアムブランドも含む。さて。Q50のデザインを見て欲しい。少なくとも1)も3)も当てはまらない。アメリカ専用の中型車であり、プレミアムブランドじゃないということか。

デトロイトショーで発表された興味深いモデルがあれば、明日から随時紹介していきたいと思う。今のところ、日本車で解っているのは、次期型フィットベースの小型SUVと次期型カローラと言われるコンセプトカーです。新型ISもデビューするようだが、とっくに試乗記まで出てるので新鮮味無し。

追記・Q50は『G』(日本だとスカイライン)の後継車とのこと。一段とガッカリしました。スカイラインファンとしちゃ泣けるのみ。

・ECOカーアジアは「リーフの電池、劣化保証?


8 Responses to “インフィニティQ50”

  1. 高橋 より:

    国沢さん
    Q50はフーガではなく、スカイラインではないですか?

  2. 小林 英弘 より:

    他のアングルからの画像が見たいな〜と色々と検索してみましたが、この画像、正式発表前に手違いでネット上に流れちゃったモノだそうですね。デザイン自体の話よりこのエピソードの方が面白いです(笑)。
    肝心のデザインですが‥私は嫌いではないですが、少々エグくて一般受けはしないいかなと思います。新型アテンザを日産風にデザインし直したらこうなった、みたいな感じですね。
    でもシーマ級の価格帯のクルマでここまで冒険すること自体は素晴らしいと思います。時には大胆な挑戦も必要だと思いますので。
    いずれにせよこの画像1枚だけでは何とも判断しかねますね。立体の実物を見ると物凄くカッコイイかも知れませんし。そこがクルマの面白い所なんですよね〜。

  3. 阪神ファン より:

    最近はつり目が多いですね。
    写真でみる限り、イマイチのような気が・・・。
    小林さんに同感で、どことなくアテンザに似てるようにも見えるし。
    高級感を感じないです。
    個人的には、クラウンといい最近の高級車デザインは好きになれないです。
    ・・・と言っても高級車を買える予算もなく、手の届くようなクラスでもないので、どうでもいいと言えばどうでもいいですがね・・・。
    仰るとおりスカイランなら泣けますね。
    これではスカイラインじゃないですね。

  4. G35X より:

    ニッサンは何を血迷っているのだろう? 
    その昔Q45という旗艦モデルを出し、
    「撃沈されたQ-ship(囮船)」と揶揄された
    ことを忘れているようです。G35が出てから
    11年が経ち「運転好きのためのニッサン車」
    という地位を確立したGシリーズです。
    その車名を捨てるのでしょうか?
    車名は売れ行きを大いに左右します。玄人から
    酷評された2012年型ホンダCIVICは蓋を開けて
    みたらベストセラーになりました。CIVICという
    車名には絶大の信頼があるのです。今デトロイト
    で開かれている自動車ショーでBMWが3シリーズを
    発展させて4シリーズにしようと試みているのを
    見ると同じ過ちを犯すのでは?、と危惧します。
    何しろBMWは3シリーズで会社の経営が成り立って
    いるようなものですから...

  5. スパイ より:

    他の画像ありました。他の画像では国沢さんの写真ほどはツリ目ではなく、凝縮感やセクシーさもありスポーティーな格好良さがあります。リアスタイルもなかなかどうしてドイツプレミアムブランドのセダンに引けを取らない格好良さがあるように思います。
    セダン系は考えていませんでしたが、これがスカイラインならちょっと欲しいかもって考えています。

  6. CVCC より:

    確かインフィニティは命名方法を変更して、セダン系は全てQ○○(○は数字)となったハズです。
    それで、Q50は日本でのスカイラインの後継車だったハズです。
    噂ではフーガもビックマイナーチェンジでこの系列の顔に変更されて、名前もQ○○になるとのことですね・・・
    私はセダンは購入候補ではありませんが、今のフーガはなかなか好きなデザインなので、ビックマイナーチェンジでこの系列の顔に変更はないといいかな、なんて思います。

  7. 真鍋清 より:

    この次期スカイライン=インフィニティQ50、メルセデス・ベンツのCクラス系シャーシーを用いるそうですね。
    また、3.5リッターV6ハイブリッド(フーガ用の改良型)を主軸にやがては3.0リッターダウンサイジングターボへ展開していくだけに嫌でも興味をそそられる存在です。
    そんな新時代をリードするハードウェアを包むデザインがこれとは、レクサスGS/LSと言わず新型クラウンと言わず、日本メーカーってつくづく「造形美」に対する一糸乱れぬ哲学が不在だと思いませんか、ねえ国沢さん!

  8. CVCC より:

    >インフィニティQ50、メルセデス・ベンツのCクラス系シャーシーを用いるそうですね。
    雑誌等々の情報によると、それは違うそうですよ。
    今回はメルセデスとの提携が間に合わず、
    現行型スカイラインのキャーリーオーバーのコンポーネンツだそうですよ。
    もしCクラス系のコンポーネンツをインフィニティで使用するとしたら、さらに次の世代のQ50となるそうです。

このページの先頭へ