ウォン高で日本勢有利に!

円安の進行の陰に隠れているものの、韓国通貨ウォンが上がっている。昨年10月の為替レートだと100円で1400ウォン。今や1200ウォンとなり、やがて1000ウォンを切る流れになってきた。決定的なウォン高と言って良かろう。大雑把に言って日本に入ってくる韓国製品の仕入れは20%程度高くなる計算。

ちなみにウォンは対ドルでも上がってます。これまた韓国の実入り換算で10%程度の減少。逆に考えれば値上げしない限り利益が下がるということ。さんざん日本の輸出企業を苦しめてきた円高と全く同じ状況が起き始めたのだった。100円=1000ウォンとなったら、もはや大幅値上げを余儀なくされるだろう。

値上げして日本製品と同等の価格になったらどうか? おそらく勝負になるまい。安価だから韓国製品を買う人がいるのであり、競合する日本製品と同じ価格になれば厳しかろう。こらもう日本だけじゃありません。世界規模で韓国製品が日本製品と同じ価格だと優位に勝負出来なくなる。韓国正念場です!

このトコロの円安の動きを見てると1ドル=100円もあり得る展開になってきた。いや、正確に言えば1ドル=100円くらいの貨幣価値でちょうど良い感じ。今までが超円高だったのである、1ドル=100円は適正な水準だと思う。日本の企業は挽回の大チャンス到来である。日本の企業もイッキに挽回可能。

ということで輸入車を買うなら今が大チャンス。現在在庫しているモデルについちゃ円高の頃に入って来てるため輸入可能幅大! 実際、素晴らしい値引き続出といったイメージ。今度は輸入価格も高くなるので良い条件は出にくくなると思う。欲しいモデルあったらなるべく早く商談し、良い条件を引きだそう!

・ECOカーアジアは「エクストレイルディーゼル大幅値下げ!


3 Responses to “ウォン高で日本勢有利に!”

  1. nogawan より:

    これまでウォン安だったのは、米中の境界線が38度線で、韓国は境界に対峙するリスクの高い国との認識のためと考えています。それが竹島・尖閣問題で中国と共闘の動きが出て来た。普通に地図を眺めれば対馬海峡が境界線の方が自然で安定に見えるし、韓国が中国寄りになれば、北朝鮮の南進は中国が絶対に阻止するので、韓国の政治的リスクは減少する。その結果、ウォンは本来の輸出競争力に見合ったウォン高になる。…と小生は分析しています。李大統領の竹島上陸は、流れの変わり目を象徴する出来事だった、そして、朴大統領が日本より先に中国を訪問すれば、ウォン高の流れは決定的になると予想しています。

  2. 小林 英弘 より:

    こうなるとクルマ業界より家電業界を応援したくなりますね。白物家電や薄型テレビなんかで再び「メイド・イン・ジャパン」が売れまくって欲しいです。
    クルマは放っておいても売れるでしょう(笑)。韓国車がアイサイトを装備した日本車に総合性能で勝てますか? 値段じゃないぜ中身だぜ!(笑)
    「良いモノ」がその中身を正当に評価されないマーケットはやっぱり健全ではないでしょう。ちょうどいい機会だから韓国車も日本車と総合性能でガチで勝負して欲しいですね。それでお互い切磋琢磨して良質なクルマを市場に供給して欲しいです。

  3. 嫌韓 より:

    韓国車は安ければちょっと欲しいと思いましたが、同等ならこれっぽっちも欲しくありません。
    日本のためにはずーっとウォン高が続いて没落していっていただきたいと思います。
    中国系企業が伸びてくる可能性はありますが、脱中国の加速やスパイ防止法制定などなど安倍政権には期待しています。
    韓国は中国と一緒にテロリストの愛国無罪などをやってるので世界から白い目で見られて孤立化していただきたいと思います。

このページの先頭へ