スズキが意地になってる件

この件、1年以上前、広報に「ユーザーの誤解を招くし、これから重要な装備になるため、今のような表記をしていると問題になるかもしれません」と伝えた。純粋に気がついていない可能性あるし、最初からメディアで取り上げるとネーミングした部門が意地になって使い続けるかもしれないからだ。

今までも何度もこういった方法で良い方向になってます。しかしスズキはそのまんま。そこで次の段階として技術者(レーダーブレーキ搭載している車種のチーフエンジニア)に間違っているのになんで使っているのか? と聞いてみた。すると「知りませんでした。それは間違いですね」。

これで何とかなると思いきや、全く変わらず。そればかりかミリ波レーダー使った”本物”のレーダー式ブレーキを投入した際『レーダーブレーキサポートⅡ』とネーミングしてきた。繰り返しになるけれど、自動ブレーキはJ-NCAPの推奨装備になる。今後、明確な表記が必要になることだろう。

もはやこれまで、とメディアに書き始めた。ミスリードは業界のためにならないし、何より一度大手のメディアに取り上げられたらスズキだってイメージ落とします。何度も書いてきているように私は自動車も自動車メーカーも好きである。そいつを汚す人達を看過出来ないのでございます。

営業担当はもはや意地になったのだろう。私がメディアで書き始めたため、広報になんとかして欲しい、と言ってきているらしい。だからこそ最初はメンツを潰さないよう動いてたのに。こうなれば正々堂々書き続けるのみ。スズキのレーダーブレーキサポートは、明らかに誤表記です。

 


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ