スモールオーバーラップ、日本車は?

昨年末にアメリカで始まった『スモールオーバーラップ衝突』(25%のオフセット衝突)は、データが公表されるや大騒ぎになっているようだ。確かにエアバッグを空振りしてAピラーの付け根あたりにアタマが激突してるようなシーンを見ると、安全なクルマに乗りたくなってしまう。電柱などへの衝突は大いにあり得ますから。

気になるのは日本仕様の対応だ。衝突安全の担当者に聞いてみたら「スモールオーバーラップの対策をしていない車種は厳しい結果になると思います」。つまり現在日本で販売している車種全てがアカンということになる。はたして国内仕様の日本車で初のスモールオーバーラップ対応車ってナニになるのだろうか?

調べてみたら、日本車で最初の対応モデルは2012年秋に発表されたアキュラTLとアコード。ホンダの対応たるや抜群に早く、シビックのマイナーチェンジでも構造部材の見直しを行っている。続いてアテンザになるようだ(なみにアメリカ仕様のアテンザは急遽対応したものの、日本仕様についちゃ未定だという)。

現在日本で買える対応車ということになると、おそらくボルボS60だけだと思う。2番目はアコードPHVかもしれません。気になるの、今後の対応。怖さを知らなければ気にならないものの、ヘルメットやシートベルトや任意保険と同じで、状況を知ってしまうと「未対応車」じゃ怖くなってしまう。新車を買うなら対応車にしたい。

けれどスモールオーバーラップに対応させようとすれば、フロント部分の大幅な構造の見直しや重量増を招く。日本の自動車アセスが試験項目に入れない限り、おそらく「対応せず」になると考えます。ということで一段と嫌われると思うけれど、今後新車の紹介記事ではスモールオーバーラップ対応の有無を明記したい。

もちろん「そんなモン不要だ!」という意見があっても良い。私だって現在乗っているクルマをすぐ乗り換えるつもり無し。でも今からオフセット衝突に対応してない車種を買うつもりにはないれないです。いずれにしろ知っておくべき情報だと考える。もっと言えば、対応した車種はキチンと評価されなければおかしい。

・ECOカーアジアは「アコードPHVの燃費判明?


6 Responses to “スモールオーバーラップ、日本車は?”

  1. アミーゴ5号 より:

    はっきり言って、横滑り防止装置の百倍、優先度が高いと思います。
    アメリカは、高いハードルを自ら創設できる国なんですよね。日本は、この一点において負けるのが残念。

  2. さね より:

    いつも有益な情報ありがとうございます。 はぁ…てゆうかええー! 各メーカー改良すんですかね?買い換えを考えて、試乗までしたのに…。各メーカー誇らしげに衝突安全性をうたってるのに、スモールオフセット今売ってる車はナッシングですか… 去年末に新しくでた新車も? 海外で対応しても日本じゃテスト無い限り対応しないからなぁ日本車。考えさせられるなぁ… 後突の時の荷室から荷物が突き出てくるのでさえ海外とシートバック違うみたいだし。今はまだ買い換えるなとゆうサインかな…。 スモールオフセットの対応、未対応はバシバシ書いてください。コストダウンばかりじゃ見えないとこ考えないよなぁ… 最終的には安全運転の心構えですね。しかしホンダはなかなか凄いんですね。

  3. 小林 英弘 より:

    構造の見直しはともかく「重量増」は痛いですね。今の日本車の流れは「燃費最優先」ですので、公的機関が試験項目に指定しない限りどのメーカーもしれっとスルーするでしょう。
    「重くなって他社に燃費で負ける(かも知れない)がより一層安全なクルマ」を最初にデビューさせるメーカーはどこでしょうか? 個人的にはトヨタ、ホンダ、スバル辺りから一番手が出るんじゃないかなと思います。
    中古車購入に際しては…精神衛生上、脳内からスルーさせときましょうか(笑)。
    PS:それよりも面白いのが『エコカーアジア』のお話ですね! 考えればホンダは初代プリウス登場からさほど間を置かずに初代インサイトを登場させ、それ以降ずっとHVの研究を続けてきた訳ですから、研究の積み重ねはトヨタに引けを取らない筈です。その成果がようやく開花した訳ですね。素直に嬉しいです。
    オデッセイやストリームがことごとく他社に「後出しジャンケン」で負けた歴史があるので、今回はさしずめ「リベンジ」といった所でしょうか。オデッセイもストリームもホンダが開拓したニュージャンルだっただけに悔しさひとしおだった筈。今回トヨタが開拓したHVというニュージャンルで「後出しジャンケンで勝つ」のは「してやったり!」でしょうね。
    ただホンダ車はカタログ燃費と実燃費の差が大きいのでちょっと(かなり?(笑))心配ですね。

  4. TTT より:

    IIHSのサイトを見ると、アメリカ向けレガシーはA+評価でしたね。
    作り分ける余裕のないスバルなら、サイドエアバッグ付きを選べば、国内向けも同等と思われますが、いかがなものでしょう?

  5. どんがら より:

     購入検討していなくても訪問させていただいています。
     シャーシーがダメージを受けているような事故でも
    エアバッグが作動しない事有るようですが、感度が鈍いのでしょうか?

  6. ano より:

    >さね さん
    そこまで悲観的にならなくても、S60以外でしたら
    スズキのキザシがGood評価を得ていますし、ホンダの
    アコードやスバルのレガシィもAcceptable評価で
    2013TopSaftyPick+に選出されています。
    是非ご確認ください。
    http://www.iihs.org/news/rss/pr122012.html
    http://www.iihs.org/ratings/rating.aspx?id=1736&seriesid=704
    http://www.iihs.org/ratings/rating.aspx?id=1741&seriesid=358
    http://www.iihs.org/ratings/rating.aspx?id=1760&seriesid=680

このページの先頭へ