ダイハツのステレオカメラ、性能全くダメかも~

今朝、ダイハツがステレオカメラ式の自動ブレーキをついに出す、と紹介した。書いた時点では「スズキやられた~!」と真剣に思ったのだけれど、発表された資料見てガックリ。ダイハツ、どんだけ志が低いんだ? 今や追突防止のための自動ブレーキ性能は50km/hが標準である。というか新規開発するなら50km/hを目標にするのが常識だと思う。なのにダイハツは30km/hだって!

スママシⅠは4~20km/h。実際、ミライースは25km/hになったら止まれない。スマアシⅡになって4~30km/hになったけれど、JNCAPの試験結果を見ると30km/hで止まれた結果は1回も無し! 25km/hすら「たまに止まれることがある」程度。明確に誇大性能表示。自動車メーカーが「30km/hで止まれる性能を持つ」と書いてあれば、もう少し高い性能を持たせるのが普通だ。

トヨタの『セーフィティセンスC』は公称性能だと「30km/hまで止まれる」。実際の結果を見ると、オーリスやヴィッツのように40km/h程度の車種も出ているが、ノアやシエンタのように50km/hで止まれる車種もある。まぁ平均すると45km/hくらいが実力である。繰り返す。トヨタの公称性能は30km/h。ダイハツの公称性能30km/hで実力20km/hと全く違います。ウソはアカン。

参考までに書いておくと、スズキのステレオカメラは公称性能50km/hで、実際50km/hから全て停止出来ている。もちろんダイハツのスマアシⅢも公称性能30km/hと言いながら50km/hで停止出来る性能を持っているかもしれない。されど現時点では「今度こそ誇大広告じゃないと信じても30km/h」と考えておくべきだろう。同時にデンソーのイメージが激しく落ちた。

スマアシについてのカタログ

日立はアイサイト2で余裕の50km/hを達成し、アイサイト3はさらに高くて精度も優れている。スズキが使っている小型のステレオカメラだって50km/hを確保。したがってデンソーの技術は全く日立に届いていないということになります。改めてデンソーの役員を見たら、社長も会長もデンソーのプロパーでした。考えてみればトヨタが使ってる性能悪い旧世代のミリ波レーダーもデンソー製。

デンソー、もしかしたらKYBのように「一流品を作れない企業」なのかもしれません。また、センサーはソニー製を使っており、1個1500円以下。ソニーも自動車部品業界では高い評価じゃない。おそらく日立やパナソニックのように自動車部品比率を高めようと言うことなんだろうけど「安全に関わる製品は作りたくない」という中途半端な企業姿勢を考えれば厳しいと思う。

 


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ