ダイハツ魂全開!

大手メディアは夏休み前からガソリン価格の高騰をニュースを多数配信している。高騰の理由の筆頭にエジプトの争乱を上げてましたね。エジプトの争乱、激しさを増す一方だ。先週末あたりから帰国命令を出す企業も急増している。したがってガソリンは一段と高騰する傾向になるハズ。

しか〜し! お盆休み明けの月曜日になって突如下がった! 170円を突破していたハイオクも160円台中盤といったイメージ。ガソリンの価格って、ゴールデンウィークとお盆休み、正月に上がる。お盆休み明けで落ち着いた時のガソリン価格が当面の水準になっていくと思う。155円程度
か?

興味深いことに自動車メーカーはガソリンの値上がりをカバーする方向を突き進む! 昨日発表したらミラ・イースのマイナーチェンジモデルのJC08を見たら33,4km/Lと、マイナー前より11%向上させてきた。ガソリンが150円から166円になっても金額ベースでのエネルギーコスト変わらず。

そればかりかベースモデルの価格もデフレ解消という流れに逆行。79万5千円から74万5千円に値下げした。拍手喝采でご
ざいます。もっと素晴らしいことに94万円のモデルに30km/h以下で稼働する自律自動ブレーキを装備してきたこと(当然のことながら横滑り防止装置VSCも標準装備)。

加えて安かろう悪かろうじゃ無い。94万円のグレードだってリモコンロックやCDオーディオは標準装備。プリウスにも付いてないセキュリティアラームや、アクアの最廉価グレードについていないリアのパワーウインドゥも標準標準される。続いてムーヴやタントが5万円値下げしようモノなら大暴れ状態に。

軽自動車戦線はダイハツとスズキがなりふりかまわない勝負に出てきた。追いつこうと頑張るホンダや、新規参入してきたNMKVにとって厳しい局面。例えば
N-ONEの伸び悩みはホンダも「一定の台数は売れているものの、正直なトコロもう少し‥‥」かと。NMKVも秋の受注が気になるハズ。

技術の進化がガソリン価格の高騰分をカバー出来ちゃうかもしれませんね、と最近考えるようになってきた。


3 Responses to “ダイハツ魂全開!”

  1. 一ノ渡悟 より:

    現在使用中のエッセから乗り換えない理由にエントリー価格が高くなってしまったことでしたが、5万円も安くなったのはダイハツは流石商人の街のメーカーだと思いますね!!
    でもDには集中ドアロックが装備されてないのが手を出さない最大の理由でした。今回も装備されないのでしょうか?
    ミラバンの方が装備的には魅力かなぁ!? お粗末。

  2. さね より:

    やっぱりダイハツは軽自動車No.1になってから凄いですね。自動ブレーキから何から何まで最初はムーヴのターボにはつかなかったのに… ターボにも付けれて、ミライースまで。素直に凄いです、後はサイドカーテンエアバックですね。氷クーラーみたいなのもよろしくダイハさん。今年車にのるのが面倒なほど暑いし。アイドリングストップ車は法規で氷クーラー義務化してください。くだらない自動車の邪魔ばかりしてんだから、たまには役に立て国交省。ま、いずれ付くようになるのかな? 軽自動車は餅は餅屋でってことでさすがのホンダでもダイハツ、スズキには勝てないのかな? 走りも家の母の6年落ちムーヴも元気で不満ないし、いやこと街中の走りはプチHVイ○サイトよりいいかも。 トヨタはレクサス、2リッター以下はダイハツ、スバルに任せたらいいんじゃないですかね。カローラHVなんての出してるぐらいなら。プリウスあるのに…。この2社がコラボしたら凄いだろなぁ。あくまで妄想です。

  3. N1 より:

    ホンダのN-ONE に関しては、燃費や安さを追求する方向とは違う方向で進化してほしいです。
    車好きが興味を持つような路線で…。
    MTモデルはもちろん、
    軽の規格を超えても、昔のシティのようにブルドッグのようなのや
    カブリオレ(個人的に是非!)、ハイパールーフwとか
    楽しくなる、遊び心が入ったモデルを展開して欲しいです。
    今のご時世、日本だけのモデルでは、コスト面で難しいのでしょうが、
    軽の規格を超えてならグローバル展開も出来るかな…と…
    (フィアット500みたいに…)
    今のN-ONE では、車好きにアピールするにも
    CVTの運転感覚が気に入らないと、是非とも欲しいとまで思わないと思われるからです。

このページの先頭へ