トヨタ、来年からWRC復帰か?

驚くべきコトにVWのラリーチームを率いるヨースト・カピートは「トヨタが2016年からWRCに復帰してくる。2015年の後半からテスト参戦する」と言っている。調べてみたら、トヨタはWRCギョウカイに名乗りを上げたらしい。礼儀作法としては正しいと思う。ただ驚きましたね!

さらに聞いてみると、どこのトヨタなんだかよく解らない。現在、トヨタがWRCに出ようとしたら、二つの流れになる。一つはドイツに本拠地を持つ『TMG』。すでにヴィッツベースの試作車を作って走らせたりしており、今回ギョウカイに名乗りを上げたのはココだと言われてます。

もう一つが日本ベースのGAZOO。日本に於けるトヨタのモータースポーツの元締めとなっている。つまりTMGの予算で「やるぞ!」と言ってるのか、トヨタ全体で「やるぞ!」と言ってるのか解らないのだった。TMGだけの決定なら、トヨタ本体から「ダメだ」と言われればオシマイだ。

ただVWの話を聞いていると、もはや「やっぱり出ません」ということにゃならないような雰囲気。トヨタ本来も参戦の方向で動いているかもしれません。いずれにしろWRCはヨーロッパから見た場合、トヨタの歴史の中で最も成功したモータースポーツである。ファン層も幅広い。

ヒネた日本人の中には「レギュレーション違反で恥をかいた」と言う人もいるけれど、モータースポーツ界では日常茶飯事。むしろレギューレーション違反をチェック出来なかったら、出来ない側が批難される。当時WRCから撤退したのは、トヨタ内部の意見がまとまらなかったからだ。

結果、トヨタはF1に出て信じられないくらいの予算を投じ、1回も勝てなかった。そもそもF1ってフェラーリやベンツのようなプレミアムブランドのアイテム。量産車を売るなら市販車に近いクルマを使い、公道で行われるWRCがふさわしい。ヨーロッパはトヨタのWRC復帰を大歓迎しているという。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ