トヨタ出遅れ!

驚いた! 日産とホンダはマイナーチェンジで続々と自律自動ブレーキを搭載してきているのだった。例えばノートの場合、単眼カメラを使ったシステムになっており、10〜80km/hの速度域で稼働する。30km/h以下の簡易型じゃありません。しかも歩行者まで感知してくれるから素晴らしい!

さらに前方も後方もカベなど検知し、アクセルの踏み間違いによる飛び出し事故の被害も低減してくれるのだった。価格差は自律自動ブレーキと横滑り防止装置VDCのセットで8万4千円。任意保険よりずっと効能あります。ただ絶対的な金額が1,2リッター3気筒エンジン搭載車で138万8100円とフィットより割高。

セレナはベーシックグレードの『S』を除き、ノートと同じ『エマージェンシーブレーキ』が標準装備となる。現時点で2リッター級のミニバン+自律自動ブレーキはセレナだけ。ステップワゴンに差を付けた。来年早々フルモデルチェンジするノア/ヴォクシーは果たして自律自動ブレーキを装備してくるだろうか?

ホンダN BOXのマイナーチェンジで選択可能になったの、30km/h以下でのみ稼働するレーザー使う簡易型。N WGNなどと同じ『あんしんパッケージ』を選ぶと、サイドエアバッグとセットで装備される。ライバルであるタントやスペーシアの自律自動ブレーキの装着率が高いことを考えれば当然の対応かと。

おそらく今度マイナーチェンジされる日産車やホンダ車は基本的に自律自動ブレーキを選べるようになることだろう。こうなるとトヨタの採用遅れが決定的でございます。新型ハリアーのプリクラも、相変わらず止まるのか止まらないのかカタログを見ただけじゃ解らないし(試乗会に行ってないため未確認)。

まだキチンとテストしていないため明確な評価は出来ないものの、日産のシステムが面白そうだ。何より80km/hまで稼働し、おそらく30km/hを超える速度でも停止しそうな雰囲気。果たしてトヨタがヴィッツ級のクルマまで自律自動ブレーキを採用してくるのはいつになるだろうか?


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ