トヨタ対応始まる

大幅に出遅れていたトヨタのスモールオーバーラップ衝突対応だったが、ここにきてやっと追いついてきたようだ。アクアのように依然として「こらアカンでしょうね」という潰れかたをしているモデルは残っているものの、フルモデルチェンジを控えたプリウスなどキッチリ対応し、2番目のA評価を取れている。

カムリも2014年モデルで対応したらしく、A評価。さすがにヤリス(ヴィッツ)は下から2番目のM評価ですけど‥‥。対応車も「落第ですね」のP評価を喰っていたことを考えれば大幅に改善されている。ただしホンダやマツダ、スバルなどの対応車評価を見ると、全てグッド。トヨタ、もうひと頑張りか?

例えばスモールカークラスの評価

次なるフェイズは日本仕様をどうするか、ということでございます。日本の大手メディアは静観の構え。全く気にする様子無し。したがって今後も個別対応になると考える。おそらく日本仕様車の販売目標台数が極めて少ないモデルから(例えばアコードHVやスカイライン)から入って来るということなんだろう。

何度も書いてきた通り、P評価のクルマとG評価のクルマの衝突試験動画を見ると、全く違う。P評価は死んでいるだろう、と思えるケースも。方やG評価のクルマだと、エアバッグのど真ん中に顔が入り、足下空間もキッチリ残っている。おそらく顔や腕の擦過傷くらいで済むハズ。後は買う人の自由だ。

現時点で「日本で買えるスモールオーバーラップ対応車」はボルボ全車と、アコード、スカイラインのみ。逆に「最もリーズナブルで安全なクルマは何か?」と聞かれたら瞬時に「ボルボV40です」と答える。御予算に余裕あれば「ぶつからない技術」満載のスカイラインがおすすめ。日本車の第3弾はナニか?


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ