トヨタ新エンジン群

トヨタが新しいエンジン群の概要&計画を発表した。直近のエンジンはMCヴィッツに搭載される1,3リッター4気筒と、1リッター3気筒エンジン。それぞれ最大熱効率は平均的なディーゼルエンジンを凌ぐ38%と37%で、プリウスやクラウンHVに搭載されているアトキンソン サイクルと同等レベルに達している。

例えば1,3リッター4気筒はレギュラーで13,5という圧縮比を持つ。と言っても吸気バルブ遅閉じのアトキンソンサイクルだからして、混合気を13,5分の1に圧縮させるワケじゃありません。詳細なスペックは試乗会の時に聞いてみたいが、おそらく吸気量としては1,1リッターくらいになるんじゃなかろうか。

つまり1100cc分の混合気をシリンダーに吸い込み、燃焼させ、1329cc分のストロークをさせるということ。ということで排気量(ピストン上死点から下死点までの容積)は1329ccです。このタイプのエンジン、出力を稼ぐことが難しい。実際、プリウスのアトキンソンサイクルなんて1.8リッターで99馬力と1,3リッター並。

しかしクラウンHVは2,5リッターで178馬力を達成している。このエンジンを見た時に「これはハイブリッド以外にも搭載するな」と思った次第(そういう原稿も書いた)。MCヴィッツに搭載される1,3リッターはプリウスの1,8リッターと同じ99馬力。最大トルクも12,3kgmと普通のエンジンに匹敵するからスゴイ!

JC08燃費は25km/L。トヨタって超ECOタイヤを使わないことを考えれば素晴らしい数値だ。MCパッソに搭載さ れる1リッター3気筒も27,6km/Lで、クラスTOPのミラージュを凌ぐ。実用燃費を計測したら、1,3リッターも1リッターも間違いなく1位を取る ことだろう。スカイアクティブG危うしか?

トヨタによれば14の新世代エンジンがスタンバイしているらしい。その中に1,4リッター ディーゼルや2リッター4気筒ターボなども含まれている模様。残念ながら1リッター3気筒ターボや、クラウン級以上に搭載出来る2リッター4気筒ディーゼルは存在しない? どんなエンジンが出てくるか楽しみです。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ