トランプ政権になったら、どこのメーカーが厳しい?

あまり考える必要はないかもしれないが、もしトランプ次期大統領が自動車ジャンルで保護貿易傾向を強めたららどうなるだろうか? 日米間の自動車問題は長い時間をかけ着地点を探ってきたため大きな変更など無いと考える。その上で、傾向を考えてみたい。 

・トヨタ 現在日本で生産しアメリカに輸出しているのはハイブリッドとレクサスの後輪駆動車がメイン。ハイブリッドの売れ行きは低迷中だし、レクサスの後輪駆動車も伸び悩んでいる。大きな影響なし。

・日産 アメリカでの生産比率高いため、あまり大きな問題とならない。しかも交渉はゴーンさんが出てくる。安定感という点で評価高い。

・ホンダ すでに日本を脱出しているため、アメリカでの生産比率は極めて高い。全く問題なし‥‥と思っていたら、シビックを日本でも生産し輸出する計画だという。日本でシビックを売るため工場を作るのだけれど、売れない可能性高いため、そのときはアメリカ輸出という作戦か。この時期に日本の生産比率を高めるのは向かい風。

・マツダ すでに強い向かい風になるとウワサされている。というのもマツダはアメリカの工場を閉め、税金掛からず生産コストの低いメキシコに工場を作った。この件、以前から火だねとしてくすぶっています。基本的に問題にならないと思うけれど、トランプ政権から「やっちゃいけないことの見本」として取り上げられたら厳しい。ロビー活動を強めるべき。

・スバル 先日アメリカ工場の生産能力を倍増するという計画を打ち出した。これはトランプ政権にとって良いニュース。高く評価されるかもしれません。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ