ハイブリッド人気?

日本では絶大な人気を持つハイブリッド車ながら、依然として海外じゃ伸び悩んでいる。日本以外で最もハイブリッド車が売れているアメリカでも、中心はプリウス兄弟。カムリHV級になると、やはり伸び悩んでしまう。アメリカ人って基本的に大パワー車を好む。むしろトルクフルな電気自動車に行く?


州もハイブリッド車が増える兆し無し。欧州の走行速度域だとハイブリッド車よりディーゼル有利。今後もハイブリッド比率急増ということにゃならないだろ
う。日本企業のカンパニーカー(多くの会社は社員にクルマを与える)ですらハイブリッドよりディーゼルが多いほど。新型ISも最高速度低過ぎ。

国策としてハイブリッドに傾注している中国はどうか? これまたお金持ちは燃費の良さより「派手に見えるクルマ」を好む。同じ価格でプリウスとエラそうなビュイックが買えるなら、迷わず後者を選ぶ、ということ。お金持ちに取っちゃガソリン代など高いと感じない。そもそも燃費はあまり気にせず。

東南アジアも国策としてハイブリッドを優遇しているマレーシアなどを除くと伸び悩み中。タイはハイブリッドよりCNG車の方が注目されている。インドネシアだってハイブリッドより普通のエンジン車を好む。なんたってクルマの寿命は40万km超。さすがのプリウスだって電池交換が必要になります。

新興国に聞くと、多くの国が中国と似た傾向。考えてみたら30年前の日本だってガソリン高かったけれど燃費なんか気にしてなかった。私なんか33年前のリッター160円の時にリッター3kmしか走らない初代サバンナRX-7に乗ってましたから。ハイブリッドの特殊性は知っておいた方がいいと思います。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ