プリウス潮変わりか?

月販3千台を目論んでいたプリウスPHVが平均千台も売れないのは単純に「高いから」である。トヨタとしちゃどんなクルマでも最上級グレードが20%くらい売れるため、プリウスもPHVというバッジを付けてやればイケると判断したようだ。どっこい! プリウスを買う層は「一番高いのを持って来い!」という人じゃない。

そもそも電気代とガソリン代の差額じゃ補助金を使って43万円差は絶対ペイ出来ない。しかし! ついに「モハヤコレマデ!」と考えたのだろう。20万円の値下げを行った。多くのメディアが20万円の値下げを報じている。ただプリウスPHVって補助金が減額され、売れ筋の『S』だと25万円。補助金使って275万円だ。

普通のプリウスの『G』は232万円なので、相変わらず43万円高。20万円値下げしても関係なし。やっぱし売れないかと。トヨタも解っており、販売目標は月販800台程度。ということをなぜか大手メディアは伝え
ないからまっこと面白い! 現行のプリウスPHV、もはや詰んでいる。良いクルマだと思いますけどね。

そうそう。普通のプリウスも厳しく
なるかもしれません。間もなくマツダがプリウスと同じ駆動系(エンジンは2リッターのスカイアクティブ)を使ったアクセラHVを出す。おそらく乗り心地は
圧倒的にアクセラ優勢かと。何よりアクセラHVには自動ブレーキが付く可能性大(ハイブリッド以外には装着可能)。こら魅力的だ!

もしアクセラHVがプリウスと大差ない価格だったとしたら、クルマ好きはソチラを向く。私だってプリウスと、自動ブレーキまで付く新鋭&カッコ良いアクセラHV
と比べたら後者を選ぶ。センシティブじゃない一般の人は値引き拡大するだろうプリウスを買うでしょうけど。無敵だったプリウスも状況は変わりつつある。潮変わりか?


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ