ホンダ新世代自動ブレーキ

ホンダがジェイドから導入を始めた(レジェンドは未発売)新しい世代の自動ブレーキ『ホンダ・センシング』の実力について聞いてみた。すると停止車両への追突を防止する機能は「JNCAPと同じ試験条件であれば50km/hから止まれることを確認しています」。おお! 頑張りましたね! 現行オデッセイに付いてるレーダー式で30km/hでしたから。イッキに性能向上だ。

歩行者も認識出来るとのこと。こちらは30km/hなら止まれ、40km/hだと難しいという程度の性能だという。これまた現時点での性能としては水準以上。今後この性能の自動ブレーキを装備していくというなら、大いに応援したいと思う。ちなみにトヨタがまもなく出してくる自動ブレーキは、カメラ+レーダーの高機能型でジェイドとほぼ同じ機能。普及型だと若干物足りない。

ジェイドの場合、残念なのはアダプティブクルコンが30km/h以下になるとカットされてしまう点。「電動パーキングブレーキでないため、自動で止めることは可能ですがブレーキ踏んでないと動き出してしまいます。危険だと判断し見送りました」。どうやら最近の品質問題多発により、新しい機能は見送ることになったようだ。これぞ「羮に懲りて膾を吹く」の典型例かと。

他のメーカーを見ると電動パーキングブレーキでなくても車速ゼロまでの制御(追随停止)を行っている。危険だというホンダの判断は理解しがたい。車速ゼロまで制御してくれるアダプティブクルコンは渋滞の時に絶大な威力を発揮してくれますから。付いてるクルマに乗ると、無しは考えられないほど。292万円もする高額車なのだから、ぜひとも欲しい機能だと思う。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ