ホンダWTCCで苦戦

今年からWTCCにシトロエンが参入してきた。御存知の通りWTCCはホンダがワークス参戦しているカテゴリーで、F1やWRCと並ぶ『世界選手権』という格付け。昨年から出ているホンダと言えば、BMWやセアト、シボレーといった競合が消えたにも関わらず、厳しい戦い。

一方、シトロエンはデビューレースとなる開幕戦から絶好調! 開幕戦で2勝し(1イベントで2レース)、2戦目も2勝! つまり全勝してます。シトロエンはWRCで鍛えられた1,6リッターターボを使っているから、という理由もあるだろうけれど、レースを見てるとお話にならない。

ちなみに2戦目の1レースのリザルトを見ると、シトロエンがワンツーフィニッシュ。3位ホンダの4位シトロエン。5位にラダ! 6位はプライベーターのシボレーで7位にホンダといった具合。レースの実績全く無しのラダにかろうじて先着しているという状況。超厳しいす!

ホンダはWRCに代表されるラリーにも出ていないため、ヨーロッパのユーザーからすれば「F1のエンジンだけ。車体技術は持っていない」というイメージになってしまっている。ホンダにとって最も重要なの、市販車と全く関係無いF1じゃなくWTCCやラリーで勝つことだと思う。

というか、車体技術やクルマ全体を仕上げる技術で厳しい、ということをホンダ自ら認識しているのかもしれません。ちなみにWRCじゃシトロエンはVWに全く勝てない。WTCCにベンツやBMWやVWが出てきたら、いつもたやすくやっつけられちゃうんだろうな、と思う。

ホンダの人は悔しくないんだろうか? 日本人のクルマ好きからすれば「もうF1の時代じゃないでしょう。市販車ベースの競技で頑張って欲しい!」と強く思う。とりあえずWTCCは巻き返し、シリーズが面白くなくなるくらい強くなって欲しい。ラダと互角のホンダなど悲しいす。

第3戦は今週末です。頑張って欲しい。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ