マツダの株価

マツダの株価が現時点(12月19日9時50分)149円となっている。6月4日のTOPで「マツダファンなら株を買って支援を!」と書いた時は、安値93円の終値96円。95円くらいで買えたと思う。当時、すでにスカイアクティブDが出ており、手応えを感じていました。私は「2度と株は買うな」と家庭事情で認可出ず。

そのときにマツダの株を買って支援したマツダのファンは、95万円が149万円になった。大いに喜ばしいことでございます。今売って儲かったお金で(一度調整が入る可能性ある)マツダ車を買えば、一段と素晴らしいマツダファンである。10万人に呼びかけたので10万台売れたら一段とマツダの株価は上がるか?

マツダのように輸出依存型の企業は、このところの円安で一息付ける。一時は100円を割り込んだユーロ(マツダにとって欧州市場は重要)も111円。ドルだって84円だ。もう少し円安になれば申し分ありません。急回復のマツダと対照的に三菱自動車の株価の上昇はイマイチ元気無し。なぜか?

すでにアメリカもヨーロッパも販売台数が極端に減少してしまっており、円安となっても効果あまり無し。アジア地区は現地生産なので、これまた円安効果が出にくい。むしろ日本に入ってくるミラージュの原価は上がってしまう。三菱自動車の株価がどうなるかは、アウトランダーPHEVの評価で決まると思う。

手応えあれば上がる。無ければマツダのような急回復は難しいんじゃなかろうか。前述の通り海外でPHVを出しても、なかなか販売台数に結びつかない。文字通り内需メインのメーカーになってしまった。その国内でアウトランダーPHEVの売れ行きが伸び悩めば、伝家の宝刀を抜いても「あららら?」になる。

三菱自動車の課題は「宣伝が上手じゃなくなった」というあたりにあると思う。自社の製品をキチンと訴求出来ていない。このままだとアウトランダーPHEVを出しても不発で終わってしまうんじゃなかろうか。優れたクルマなら売れて欲しいと思うけれど、新しい技術は宣伝を常時にやらないと認知されない。

少なくとも自動車メディアでたくさん&好意的に紹介されないとスタートダッシュすらアカン。ちなみに私はスカイアクティブの時と違い試乗していないので「手応え」は感じておらず。乗ってから評価します。優れているクルマだと思うけれど、株の購入をすすめているワケでなく無責任に期待しているだけなので念の為。

・ECOカーアジアは「燃焼式ヒーターの実証実験を取材


3 Responses to “マツダの株価”

  1. さね より:

    凄いなーマツダ。やっぱり国産メーカー随一頑張ってるメーカーは報われないとですね。マツダはCXー5とかデビューまもなくダンパー変えたり、スカイアクティブGの燃費数字よくしたり、キックダウンボタン?つけたり背水の陣だなまさに。この調子でスカイアクティブ4WD? 高性能なの作ってください。もしかしたら先生が指摘したパワステも改良してたりして?アテンザでたし。 北米バカ売れ?スバルも株価凄いですよね。ただ良心的だしメカニズム独自だしCVT意外文句ないですが、スバルXVにスペアタイヤないのは…いかがなもんでしょ? HBだし荷室スペース狭くなるのも痛いけど。 欧米では国によって用意してるのに。オフ走ることもある車は出来ればテンモラリーより同じサイズスペアタイヤ+パンク修理キットは欲張りか… スバル売れてんだから、スペアタイヤの溝浅いし、深く改良してスペアタイヤよろしく。アイサイトのようにもしもの時が大切だし ただスタイリッシュアーバン4WDなだけでは似合わないスバルには。結構ネットでも同じ意見多いし儲かってるなら金かかるんでしょうがスペアタイヤと荷室、両立する改良してほしい。先生からも厳しくゆってください(笑) 買い替えフォレ意外XVも入りました、お値段考えたら…悩んでいるもので…。4WDて乗ったことないので(友達の中古ハイラックスサーフは借りましたが4WDにしたことない)三菱は…新ランダーSーAWC付きをかなり気持ち傾いてましたが、態度が冷たい自社製品なのにメカニズム分からない… ディーラーそっけないで落選。PWEVも考えましたがツインモーターのSーAWCついてますね、ブレーキ制御だけみたいですが、ASCオフならSーAWCは機能するかぐらいの簡単な質問を冷たく時間かかりますとか、わかりませんて…4WDだけに素の仕組み知りたいじゃないですか高い買い物だし。 大丈夫か三菱!車気にいっいっても買う気なくすよ。株価低いよなそりゃ… サイトみて取説じゃ分からないし… 各メーカーは自動車お高い買い物なので機能は全部説明しないと。 4WDは高性能なイメージ戦略にしてても、実際には4輪回ってるだけじゃ、2駆より扱い、メカニズムデリケートだし万能じゃないのに。三菱はディーラーから三菱社員まで自社製品を知るとこからだな真面目に。 マツダはスカイGが米国エンジンアワードに選ばれたり、日本人より評価されるとは車好きなんだなアメリカ人。

  2. 阪神ファン より:

    三菱もがんばってほしいです。
    アウトランダーのPHV、いくら素晴らしい車でも車両価格として台数の稼げるクラスでもなさそうですし・・・。
    ミラージューが低燃費とはいえ、仰るとおり宣伝下手なのか、アクア・ヴィッツ・フィットなどに比べると、インパクトにかけてるように思います。
    三菱の新型軽自動車が気になりますが、ベストカーでもあまり情報が掲載されてないように思います。
    情報がないのか、期待がないのか・・・。

  3. CVCC より:

    三菱はアイや初代ディアマンテ、初代エクリブス、二代目パジェロ、初代ギャランVR-4、GDIギャラン、現行ランエボ、フォルティススポーツバック、三菱Concept-ZT(ディーゼルターボ搭載のセダンコンセプトカー)等々デザインは個性的でカッコイイと思っていたのですが、
    ここ最近のミラージュ、新アウトランダーとくると「???」な、気がします。
    それに、デザインアイデンティティーであったハズの「ジェットファイターグリル」は辞めてしまったのでしょうかね?面影も形もありませんし、ミラージュと新アウトランダーに新デザインテーマの共通性も感じられません。
    きっとどちらも魅力的なメカ、性能なのでしょうがその辺りの「三菱じゃないと!」という部分がデザインで発揮されていない点で損しているような気がします。
    ジェットファイターグリルって評判悪かったんですかね?
    だからそれを三菱のデザインアイデンティティーにするのを辞めてしまったのでしょうか?
    メリットデメリットありますが、一度そういう共通デザインにしていく!と決めたのならば、もうちょっと続ける努力も必要かと思うのですが・・・
    私は好きなんですけどね。
    同じようにスピンドルグリルをデザインアイデンティティーにする!と決めたレクサスも、ブランド戦略としてはすぐに変えないで欲しいかな、と思います。

このページの先頭へ