レクサスかっこ悪!

三菱自動車はアウトランダーPHEVのフェイスリフトを発表。なかなか好感度の高いデザインで、高い評価を得ていた。三菱自動車はカタカナの『エ』のようなグリルに統一させようとしているらしい。それにしてもいろんなグリルをやってきたモンです。というか上層部の気分でコロコロ変わる。

1038t

タイで生産している現行トライトンのフロントデザインなんか破綻しちゃってる。新しいデザインは今までの中で最も良いと考えます。せっかくならこの雰囲気で続けてみたらよい。リアも上手にまとまっており、これなら日本での高い評価を売られることだろう。ちなみに大きく見えるけれど、サイズ同じ

 

1039t

日本でアウトランダーPHEVの売れ行きが伸び悩んでいるのは、いろんな意味でイメージがイマイチだという点につきる。頑張ればきっと売れると思う。リアのずっこけブッシュは開発をすすめていると言われているから、マイナーチェンジのタイミングで抜本的な対策をしてくるんじゃなかろうか。

10310t

個人的に「う~ん!」と盛り下がるのがレクサスのクーペ。ボンネットを黒くして目立たなくさせているけれど、オデコの高さや、ルーフの厚さ感など、フォルムに大きな問題を抱えちゃってる。味短かったり、アタマ大きいと、どんなに細部の処理で頑張ってもカッコ良いクルマにゃならん。

10311t

ちなみに上はVWがエコカーをベースにオーダーフェンダー付けてチョイチョイと作り上げたモデル。プロポーション良いため、腰が抜けるくらいカッコ良い。じっくり見ればVWだって歩行者保護のためボンネット位置高い。それでもキッチリとフォルムを美しくさせているんだからタイしたモンです。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ