レヴォーグ好評!

・26日は19時30分から『Jスポーツ3』でWRC開幕戦モンテカルロのオンエアです。お時間ある方はぜひ。

絶賛する記事が続々と出てくるレヴォーグながら、私は評価を定めていない。もちろん良いクルマであることに全く異論無し。
ヨーロッパ車に負けない仕上りな点についても100%同意します。じゃなぜ評価を決めないのか? こらもう簡単。オペルやフォードもハンドル握れば素晴らしい仕上がりだからだ。

フィエスタやクーガー、フォーカスなど、新世代のヨーロッパフォードのクルマに乗ると、どれも「いいね!」と思
う。ベンツやアウディに負けない乗り心地を実現しており、小排気量過給エンジンだって搭載している。けれどユーザーはプレミアムブランドのように高い評価をしていない。このあたりがクルマの面白さだ。

4代目レガシィの素晴らしいところは、プレミアムブランドと同じ雰囲気を感じさせたことにある。じゃプレミアムブランドとフォードのドコが違うのだろう。明確な線など無い。強いて言えば「夢や理想を持っているか?」というあたりか? ゴルフ7や新型Cクラスなど見ると真剣に軽量化している。

ゴルフ7で90kg。新型Cクラスもアルミを多用することにより20%も軽量化しているのだった。フォードを見ると、スペックこそ追求しているが、こういった根本的な技術戦略を持っていない。ベンツの自動ブレーキに掛ける意気込みたるや驚くばかり。BMWだって真剣に次世代のクルマを考えてます。

レヴォーグの技術陣とジックリ話をしていないし、試乗も十分と言えない。どの程度の意気込みを持ってクルマの開発をしているのか解らず。4代目レガシィのように頑張っていれば、クルマにニジみ出てきます。きっと高く評価されることだろう。ということで評価は公道でたっぷり試乗してからにしたい。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ