ヴィッツのマイナーか?

バンコクのスワンナブーム空港のレンタカー屋さんに行ったら、見たことの無いクルマが置いてある。トヨタ車です。仕事柄、
新しいクルマについちゃ知っているつもりなのだけれど、やっぱり「う〜ん!」。オーリスのようでいて違うし。ということで後ろを見たら「ヤリス」でありま
した。日本名ヴィッツです。

12091t.jpg

調べて見たらタイでもデビューしたばかり。常識的に考えれば日本とタイで作り分ける、ということもないだろうから、来春に行うヴィッツのマイナーチェンジモデルのエクステリアかな、と思ったら新興国専用車でした。それにしても、トヨタのデザイン、みんなアウディのような方向に行くのだろうか?

12092t.jpg

リアは案外オーソドックスです

考えてみたら東京モーターショーに出展されていた燃料電池車も同じようなデザインテーマだった。カムリとSAIのマイナーチェンジは”適度な深さ”だったものの、オーリスから始まった新しいフェイズは賛否両論割れることだろう。少なくともオーリスは何度見てもアカンです。バランス悪いのだ。

それ以上に考えさせられたのが、情報の質と速さ。新興国向けの重要戦略車である新型ヤリスの写真、自動車雑誌に出ていないしヒョウロンカも知らない。というかタイで発売されているのだから、私の情報収集能力が低いと言うことです。割と早い時期に知った、というのが唯一の救いでしょうか。

このジャンル、日産マーチを皮切りに、ホンダはブリオというフィットより一回り小さいモデルを出し、続いてミラージュが追いかけている。マツダについちゃ計画無し(開発もしていない)。これで日本勢の新興国向けECOカーが揃ったということ。面白いことに、みんな1,2リッターエンジンを搭載している。

ちなみにヴィッツMCについての詳細は不明。日本仕様についちゃアクアとフィットに押され負け込んでいるため、最低でもアイドルストップ付きを大幅拡大した
り、トヨタが苦手としていた低転がりタイヤを使える足回りに改良したりするなどして、25km/LくらいのJC08燃費は実現してくることだろう。自動ブ
レーキやいかに?


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ