三菱、PHEV路線へ!

オートックワンで三菱自動車の益子社長にインタビューした時から何となく予想出来ていたのだけれど、東京モーターショーに
PHEV2台とSUV1台を出展する。どうやら「ピュア電気自動車で無くPHEV」に行く模様。この展開、悪くないと思います。というか、何度も何度も三菱自動車のEV担当と論争した。

私は「電気自動車に発電機を載せるべき」と主張し続け、三菱自動車のEV担当は「二酸化炭素を出すのでゼ
ロエミッションにならないから絶対イヤだ!」と言い続けていたのである。火力発電所で電気を作っているでしょ、と言い返しても「イヤなものはイヤ!」の一点張り。文字通り取り付く島も無し!

効率も合理性もへったくれも無し! トヨタが電気自動車やディーゼルをやらないのも、日本のメーカー
が安全技術をすすめないのも、みんな根っこは原理主義。益子さんは合理主義だった。できればミラージュクラスのPHEV(電気自動車に発電機を搭載する
BMWi3のようなタイプ)が欲しいところ。

ミラージュのシャシを使い、世界的に流行の兆しが見えているBセグメントのSUVなど作った
ら面白いと思う。今のままだとミラージュはフェイドアウトしてしまう。i-MiEVのユニットを改良して前輪に搭載し、12kWhくらいの電池と
660ccの発電機を搭載したら案外面白いクルマになるんじゃなかろうか。

アウトランダーやRVRベースのPHEVも良いけれど、世界の
流れは大きいボディのDセグじゃなくBセグかCセグ。また、搭載する発電機用のエンジンも小さい方が効率良い。リーフだって24kWhの電池を20kWh
に減らして600ccくらいの発電機を積んだら、コストも重量も24kWh積んだリーフと同等だろう。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ