中国の弱点

華僑が多いタイで中国人の話をずいぶん聞いた。認識していたことながら、改めて「人に技術を教えない」という習慣に驚かされる。今回タイのラリーでお世話になった小澤さんと大島さんは中国のスバルチームのコーチをしてます。日本人は当然のことながら自立できるように仕事を教え、一生懸命育てようと頑張ってきた。


国人は素直に話を聞くし学んでくれるので、順調に育つそうな。しかし! 小澤さん達から技術やノウハウ教えて貰った人達は、誰にも教えないのだとか。「同
じコトが出来たら自分の立場も同じになる」ということなのだった。仕事を取られる可能性だって大。中国の生存競争が作り出した「生き延びる知恵」だ。

したがって腕利きが一人抜けると再びゼロから教え、育てなければならない。5人くらい抜けたら、せっかく良いチームになっていたのに、また最初からやり直しになってしまうのだという。こういった状況、ラリーチームだけに限らない。全ての産業に言える。暴動以後、日本は中国との距離を置き始めた。

中国が大躍進した最大の原動力は、日本の技術育成によるものだと言われている。本当に貢献した。日本企業も今やエビのバックのように逃げ出しつつあり、やがて最小限になることだろう。となれば中国の技術は停滞するというより、明確に後退していくと考えていい。新しい技術を教えなければ進化もせず。

このまま放っておくだけで中国の自動車産業は難しい局面に入るかもしれません。中国は大国ながら完全無欠じゃない。生存競争が激しかったため「仕事の出来る人」だけ伸びるというシステムなのだった。加えて一人っ子政策の副作用も目立つ。この際、日本の産業は中国との距離を置き、技術移転も凍結すべき。

暴動から2ヶ月。中国は普通になった。日本人に対する対応も暴動前と同じような穏やかさだという。何度も書いてきた通り、暴動を起こした人たちと普通の市民は違うし、本当に日本に対する暴動だったのかどうかも不明(中国政府に対する反発だと言う人が多い)。でも再びキバを向けてくる可能性は残る。

平静になったからと、暴動以前の状態に戻しちゃイケナイと思う。改めて「チャイナリスク」を考え、何かあっても大きなケガしないような付き合い方が重要。中国市場は現在の規模を維持できれば100点だ。それよりアメリカやヨーロッパなど既存の市場や、新興国での勝負をしていくべきだと考えます。

・ECOカーアジアは「アコードPHVの燃費に驚く!


2 Responses to “中国の弱点”

  1. さね より:

    なんて防衛意識の強い人民なんだ!見習うべき点ですね。人によると思いますが、かのブルース・リーも中国拳法を外国人に教える時、長老達に大反対されアメリカの中国コミュニティーから外れたとか… 死因とか真実は謎ですが。 日本は柔道を広めオリンピック種目までなりパワーのみ全然柔道でなくなってきて、外国人にルール変えられ苦しめられても、文句ゆわず努力し一本をとる柔道を頑張ってる日本人。明らかに精神、風習違うな。朝鮮民族を近代化に貢献した日本の事実を封印し、当時の原人のような暮らしぶりの歴史的史実の写真も日本の捏造、世界一優れた民族文明の祖と豪語して世界中で常識ない朝鮮民族。あの2つの国は相手にしてたら損失なだけなので相手にしないのが一番ですね。ecoカーですがホンダ頑張ってますね。最近見直してきました。三菱のランダーPHEVとどっちが面白い自動車になるんだろ? 普通に考えて三菱ランダーの方が楽くなりそう生活が、燃費は除いて。 燃費よいにこしたことはないですが自動車のあるライフスタイルで楽しい(運転事態も含め)生活になるか考えないと技術だけじゃもうダメなんじゃないかと思うんです最近は。生活圏で走ればよいなら軽自動車、車にしては安いだけの車はちょうどいいことに日本車にはいっぱいあります。いずれ自動車は軽自動車以外は外車になるかも?しれないので、今ならまだ国産品の自動車買って、昔は国産メーカーだったなぁと懐かしむのもいいかもなぁ。もし開国派な先生の望みどうりFTA、TPPに次の選ばれた政府、国会が入ると決めたらISD条項などで好き放題やりたい放題外国企業、投資家はやるでしょうからねぇ… オバマ電気自動車チェンジ輸出国になる!はいいけど日本を巻き込むなよ。車でも底燃費なら燃費ー!だけって国民性なので開国だ騒げば開国すんだろな幹線産業が工業だし… どうか選挙でまともな政権になりますように…。

  2. tm256 より:

    中国と距離を置くことに大賛成です。
    日本としても過去の侵略に関しては反省し、同じような過ちを二度と繰り返すべきじゃないですが、反日教育を止めないような国にこれ以上深入りすべきではありません。
    ちなみに、反日デモの暴動が酷くなる前、8月下旬に山東省に仕事で行ってました。
    現地で通訳の方を2名ほど起用したのですが、当然通訳のような知的レベルが高い仕事に就くほどの人なら反日デモなどに加わる訳もなく、どうせ政府が意図的にやらせていることだ、とかなり冷ややかに見ていました。
    日本語が話せるということは、日本に留学していたり、日系企業で仕事をしたことがあったりという背景から、
    贔屓目にみているということは差し引かないといけないでしょうが、日本とあまり関係ない人でも恐らく大半の中国人は多分こういう冷静な人々だと思います。
    ただ、日本と同様(それ以上?)に経済格差が拡大してますし、何かが引き金になると社会の底辺にいる若年層などが滅茶苦茶をする可能性は依然として高いでしょう。
    同じ新興国でも日本との柵があまりないインドとか、タイやフィリピンなどASEAN各国との方がうまくやって行けるし、あんな理不尽な暴動で痛い目に合わされるようなリスクがはるかに低いと思います。
    (そもそも、前頭葉の退化した暴走老人が尖閣を買うなどとバカな事を言い出したから、あんな最悪の展開になってしまったわけですが・・・)

このページの先頭へ