判断力を持つ

韓国のフェリー事故の教訓は「自分で判断する能力を持つ」ということだと思う。例えば地球温暖化。未だに多くの人達が妄信している。しかし少し調べてみれば、数年前と全く状況は変わっていることに気づくだろう。そもそも本当に人類にとって危機的な状況であれば、お金でカタを付けるなんてコトはしない。

考えて欲しい。フロンガスによるオゾン層の破壊は、地球上の生物にとって決定的な危機的状況を招く。だからこそ宗教を問わず世界中の国があっという間に、お金の問題抜きで禁止とし、今やオゾン層を破壊するフロンについちゃ全く生産されていない。一方、二酸化炭素の問題は必ずお金とリンクしてます。

アウトランダーPHEVのリアサスペンションブッシュも、三菱自動車に聞いたら「安全上の問題は無い」と言っている。しかし畑野君のショップに入った走行2万kmのブッシュを見ると、私なら信じない。畑野君曰く「2万km台でぐにょぐにょ動く」。3万km走ったアウトランダーPHEVは隙間が見えるという。

ブッシュの状況

普通に走っていれば問題ないだろうけれど、ABSや横滑り防止装置の介入でホッピングやジャダーを起こしたら、正常なブッシュと全く違う挙動を起こすだろうコトは想像に難くない。私はアウトランダーPHEVを強く推奨しているが、この点だけ「ナンとかした方がいい」と書いておく。心配です。

といってもサンコーワークスのブッシュをすすめているワケではない。どこの製品だってOK。純正ブッシュを1万km毎に交換したっていいと思う。とにかくグニャグニャになったブッシュじゃ心配なので交換することをすすめておく。私たちメディアの役割は、いろんな情報を発信すること。判断は皆さんに任せます。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ