実燃費レポート

実燃費というのは非常にわかりにくい。雑誌で比較テストしたりしているけれど、条件や環境やテストドライバーが違うため、
けっこうバラ付く。走行距離の少ない満タン方式などガソリンスタンドの傾斜一つで2〜3リッターの差になるため全くアテにならんです。私がCT誌でやって
る燃費もパターンの一つでしかない。

ということで現在最も参考になる実燃費を紹介しているのは弟子永田がオートックワンでやっているレポートだ。燃費比較テストの区分がないため探すのに困るけれど、オートックワンのサイト検索を使う下のリンクからなら探しやすい。ほぼ全ての新型車の燃費チェックを行っており、数値は相当納得できる。

燃費計測の検索

永田はマジメさだけが取り柄なので、丁寧に、飽きずに時間を掛けて計測を行う。それが良い結果になっているのだろう。例えばアクセラ・ハイブリッドなどプリウスよりカタログ燃費良いけれど、実燃費は5〜10%悪い。これまた適正な評価だと考えます。フィットHVと普通のフィットの燃費さも興味深い。

考えてみたらこういったバイヤーズガイト&実用レポートを得意とする次世代の物書きが居なかった。そういった点からすれば、少しは自動車ユーザーの役に立つ人間を紹介出来たかな、と思う。自動車メディア業界もそろそろホンキで若手を育成しなければならない。若い皆さん、評論家にならない?


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ